能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
狂言ワークショップ

77日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室にて、もうすっかり恒例となった「狂言ワークショップ」を開催します。

 

ワークショップ

 

狂言は対話を中心としたせりふ劇です。

 

大がかりな舞台装置は一切用いず、言葉やしぐさによってすべてを表現します。

 

中世の庶民の日常や説話などを題材に、人間の習性や本質をするどく切り取って、大らかな「笑い」や「おかしみ」にしてしまいます。

 

狂言の典型的なキャラクター「太郎冠者(たろうかじゃ)」を始め、様々な登場人物たちが織りなす物語。

 

そこに描かれているのは現代にいたるまで変わらない、普遍的な人間の姿です。

 

大蔵流狂言「志芸の会(しげのかい)」の皆さんによる、楽しいワークショップです。

 

ワークショップ

 

装束こそつけませんが、演者の息遣いも感じられる距離で演じられる狂言を楽しんでいただいたあと、その発声や小舞を練習します。

 

狂言ワークショップ

 

 

狂言ワークショップ

 

最後に狂言の一場面を演じます。

 

狂言ワークショップ

 

参加された方からは、いつも楽しかったという感想をいただいているワークショップです。

 

一応事前の申し込み制ですが、当日時間が出来た時、急に思い立って参加されても大丈夫です。

 

午後2時開始、午後4時までの予定です。

 

申し込みは、和歌山市民会館(073-432-1212)

 

または和歌の浦万葉薪能の会(090-1967-3084)まで。

 

よろしくお願いします。

【2018.07.02 Monday 21:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
足ノ郷峠のコアジサイ

梅雨ですねぇ。

 

シトシトと雨の降る梅雨の中にも、私たちを楽しませてくれるアジサイ。

 

そんなアジサイの中にも、小さな花をつけるコアジサイ。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

日本固有のアジサイは、ガクアジサイのように中央に小さな花があり、その周りに昆虫を引きつけるために装飾花を持ちます。

 

ガクアジサイ

 

今のアジサイは、ガクアジサイを改良して、すべて装飾花になったもの。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

でもコアジサイには、その装飾花もありません。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

なぜ、コアジサイは装飾することをやめてしまったんでしょう?


飾りがなければ虫も寄ってこないし、圧倒的に不利なはず。

 

足ノ郷峠のコアジサイ
 

でも、コアジサイは、虫を惹きつける別の方法を考えついたんです。

 

皆さんもコアジサイを見つけると、そばによって深呼吸をしてください。

 

甘い香りに驚くと思います。

 

そのコアジサイの群生が見られるのが、奈良県の東吉野村と川上村の村境にある足ノ郷峠。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

林道武木(たきぎ)小川線沿いの山の斜面に500mに亘って咲いています。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

付近一帯がほんのりと甘い香りに包まれます。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

木立から差し込む日差しに、キラキラと輝いています。

【2018.06.24 Sunday 22:01】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワークショップ、始まります。

和歌の浦万葉薪能の会は、和歌山市民会館と協力して、ワークショップを

開催しています。

 

今年も、「狂言ワークショップ」と「太鼓のワークショップ」「能ワーク

ショップ」を開きます。

 

「市報わかやま」でも募集しますので、奮ってご応募ください。

 

申込先は、和歌山市民会館(073-432-1212)になっていますが、当会

連絡いただければ、取次させていただきます。

 

「太鼓のワークショップ」と「能ワークショップ」は、一応高校生までの

人が対象ですが、親子での参加や、満員にならなかった場合、大人の方も

参加いただける場合がありますので、お問い合わせください。

 

「狂言ワークショップ」

77()午後2時〜4時 和歌山市民会館4階和室にて

 

ワークショップ

 

ワークショップ

 

「太鼓のワークショップ」

  721()84()826()915()917()

  107() (72184は、14001600 826915

   917は、10001200

     和歌山市民会館4階和室 (107片男波公園野外ステージ)

 

ワークショップ

 

「能ワークショップ」

  85()826()917()924()929()

  107()     14001600 和歌山市民会館4階和室 

    (929小林能舞台、107片男波公園野外ステージ)

 

能ワークショップ

 

「太鼓のワークショップ」「能ワークショップ」に参加の方は、第20

和歌の浦万葉薪能の舞台での発表があります。

 

今年は、萬斎さんに会えるかもしれません()

【2018.06.19 Tuesday 01:41】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第20回和歌の浦万葉薪能は、10月7日(日)です。

20回和歌の浦万葉薪能は、107日(日)です。

 

そのための準備は、すでに始まっています。

 

チケットの発売は、71日から。

 

 

万葉薪能チケット

 

ローソンチケットでは、Lコード52180

 

チケットぴあでは、Pコード485025 です。

 

また、チケットを置いていただいている所もあります。

 

第20回和歌の浦万葉薪能

 

当会のホームページ(http://manyou-takiginoh.com/)からも、お求めいただけます。

 

その他にも、当会の運営委員に声をかけていただければ、お届けします。

 

今年の薪能は、20周年記念として、片山九郎右衛門師の能「紅葉狩」と野村萬斎師の狂言「蝸牛」をお送りします。

 

第20回和歌の浦万葉薪能

 

萬斎師の薪能出演は、初めてのことです。

 

それに今回はご子息裕基君との親子共演になります。

 

第20回和歌の浦万葉薪能

 

楽しみです。よろしくお願いします。

【2018.06.16 Saturday 12:36】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 第20回万葉薪能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
会報84号ができました。

梅雨ですね。

 

あちこちで、アジサイの花盛りのようです。

 

会報84号が完成しました。

 

会報は、「万葉薪能通信」として、第1回薪能が開催された翌年、平成122月に発信を始めました。

 

平成173月に現在の様式になり、今回が84号です。

 

会員やスポンサーの皆さんのお手許には、もうすぐ届くと思います。

 

一生懸命作っていますので、ゆっくりと目を通してやってください。

 

会報84号

 

1面は、セミナーの報告

 

会報84号

 

 

会報84号

 

2面から3面にかけては、岩崎さんの山の話と「和合の松」の復活の話

 

 

会報84号

 

4面は、これからのワークショップの予定です。

 

【2018.06.15 Friday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 会報誌 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |