能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
鏡山から見る居待の月

今年の十五夜は、924日。

 

十五夜は、日没と月の出がほとんど同じ時間です。

 

これ以降、月の出は、およそ3040分ずつ遅くなっていきます。

 

16日目は、十六夜(いざよい)。

 

17日目は、まだかまだかと立って待つから「立待月(たちまちづき)」

 

18日目は、待ちくたびれて座ってしまうので「居待月(いまちづき)」

 

今日27日は、その居待の月です。

 

1922分に月が昇りますが、和歌山市では、東部の山から登るのでもう少し遅くなります。

 

和歌の浦の鏡山から、干潟越しに、名草山から昇る月を見ようと出かけますが、名草山の上には雲が。

 

名草山の月

 

でもしばらく待っていると、雲の切れ間が明るくなってきて、

 

名草山の月

 

月が姿を見せてくれました。

 

名草山の月

 

少し欠けた、降り月です。

 

名草山の月

 

名草山の月

 

名草山の月

 

名草山の月

【2018.09.27 Thursday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名月に舞う

中秋の名月をめでながら、舞や踊りを観賞する「名月に舞う」が、929日(土)午後5時半から、和歌山県立近代美術館・博物館前庭(和歌山市吹上)で開催されます。

 

名月に舞う

 

和歌山文化協会が主催します。

 

今年で23回目だそうです。

 

会員の方が、日本舞踊や詩舞、能の仕舞などを披露します。

 

前庭の水面に月が写る幻想的な雰囲気の中で伝統的な舞踊を楽しんでみませんか。

 

私たちが日頃お世話になっている、小林先生や松井先生のお弟子さんで、当会の役員や会員の方も舞います。

 

名月に舞う

 

天気予報がよくないので、少し心配です。

【2018.09.27 Thursday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「能ワークショップ」4回目の練習

能ワークショップの4回目の練習。

 

26名の参加、欠席1名です。

 

2時からですが、慣れた高校生は、試験中のようで、1時半頃に来て、早めに練習を付けてもらいます。

 

能ワークショップ

 

今回も、お弟子さんと小林先生とで練習を進めていきます。

 

能ワークショップ

 

大人の方の謡曲は、昨年までは演目のクライマックス部分のみを数人で謡う「連吟(レンギン)」でしたが、今年は「素謡(スウタイ)」としてシテ、ワキ、地謡に分かれて演奏をします。

 

能ワークショップ

 

小さい子どもたちは、遊び廻りながらも、それなりに上達し、中高生は次第に堂に入ってきます。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

例年ですが、目まぐるしく子どもたちの世話をしているうちに、子どもたちは上手になっていきます。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

楽しいですよ。

 

市民会館での練習は、今日が最後。

 

小林先生が皆にお話しています。

 

能ワークショップ

 

次の29()は、小林先生の自宅の能舞台での練習です。

 

本物の能舞台の上で、毎年子どもたちもいつもと違い緊張して練習します。

 

あと2回で本番です。

【2018.09.25 Tuesday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
中秋の名月と片男波海岸の状況

今年の中秋の名月は、明日924日です。

 

ちなみに、満月は、925日になります。

 

今日23日は、月の出1712分 日没1756分なので、まだ明るいうちに月が上ります。

 

台風のため中止になった妹背山の観月会も23日の予定でした。

 

その月を鏡山から待ちます。

 

ただ名草山に雲がかかっています。

 

名草山


仕方なく月の出は諦めて、片男波海岸の状況を確認しに行きます。

 

片男波

 

107日の薪能の時は、海水浴場の駐車場を使う方も多いです。

 

また万葉館の駐車場を使う方も、今年は海水浴場側から入場してもらうことになります。

 

今日は、和歌の浦クリーンアップ隊の呼びかけで清掃してくれたようで、海岸にゴミはありません。

 

高潮の影響か、砂まみれだった駐車場部分も、管理組合の方が片付けてくれたようで、通行部分は通れるようになっています。

 

片男波

 

ただ取り除いた砂が、両脇に砂山のようになっています。

 

片男波

 

片男波

 

あと2週間あります。

 

私たちも協力して、当日までには綺麗な状態に戻したいですね。

【2018.09.23 Sunday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
能ワークショップ 3回目の練習

「太鼓のワークショップ」のあと、午後から「能ワークショップ」の練習です。

 

今日は、25名の出席です。

 

小林先生から練習をつけてもらったあと、別室でお弟子さんにおさらいをしてもらう人。

 

能ワークショップ

 

お弟子さんに教えてもらってから、小林先生に仕上げてもらう人。

 

能ワークショップ

 

それを私たちが交通整理をします。

 

どこかで遊んでいる子どもたちを探して、呼んで来たりしないといけません。

 

それはそれで、結構楽しいのですが…

 

3回目なので、新しい子どもたちもそれなりの形になっています。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

毎年参加している子どもたちは、細かい仕上げをしている段階です。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

今回から、大人の人の連吟に、和歌山大学の学生が加わり、人数が多くなってきます。

 

能ワークショップ

 

10年近く参加している高校生たちは、その連吟に地謡として参加することになりました。

 

いろいろと新しい取り組みも考えてもらっています。

 

能ワークショップ

 

次は、924日(月祝)です。あと3回の練習で本番です。

【2018.09.18 Tuesday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |