能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 蓮の花とササユリ | main | 御船の滝 >>
白屋岳のコアジサイ

シトシトと雨の降る梅雨の中にも、楽しませてくれるアジサイの花。

 

そんなアジサイの中でも、小さな花をつけるコアジサイ。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

コアジサイは、林内に自生する薄い水色のふわふわした、やさしい花です。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

そのコアジサイの群生が見られるのが、奈良県の東吉野村と川上村の村境にある足ノ郷峠。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

林道武木(たきぎ)小川線沿いの山の斜面に500mに亘って咲いています。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

ただ昨年までは、自由に撮影できたのですが、何かトラブルがあったようで、今年は立入禁止の立札が…

 

撮影させてもらう方も気を付けないといけませんね。

 

背後の白屋岳(1177m)の登山道にもコアジサイが咲いていることは知っていたので、そちらに向かいます。

 

そちらは、立入禁止になっていません。

 

登山と言っても、970mまでは車で上がってきているので、30分ほどです。

 

ただ写真を撮りながらなので、倍以上はかかります。

 

 

山頂は狭く、南西の方向が開けています。

 

白屋岳

 

吉野川が流れ、大普賢岳から山上ヶ岳、稲村ヶ岳から大天井ヶ岳まで見えています。

 

途中には、右手の崖から左手の谷に向かって、一面コアジサイに覆われた場所もあります。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

普通の紫陽花ではあまり感じませんが、付近一帯がほんのりと甘い香りに包まれます。

 

足の郷峠のコアジサイ

 

木立から差し込む日差しに、キラキラと輝いています。

【2020.06.22 Monday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする