能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 和歌祭りも中止です。 | main | あじさい寺へ >>
自粛解除、ゆっくりと大台ケ原へ

緊急事態宣言が解除されて、ゆっくりと元に戻ろうとしています。

 

先週の日曜日6月7日、久しぶりの山行きに、まずは大台ケ原へ向かいます。

 

大台ケ原

 

密閉ではなし、密集もしないだろうし、一人で行くので密接にもなりません()

 

5時に出発して、ドライブウェイを駆け上がって、駐車場に車を入れたのは午前7時過ぎ。

 

昨夜からの車もあるでしょうが、すでに50台くらい、1/3ほど埋まっています。

 

少し腹ごしらえをして、靴を履き替えて、熊鈴をザックにぶら下げて出発します。

 

山の中は、気持ちがいいですねぇ。深呼吸をしながら進みます。

 

「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われる大台ケ原ですが、今日も晴天です(笑)

 

それほどのアップダウンもなく、1時間ほどで1695mの日出ケ岳の三角点へ。

 

大台ケ原

 

大峯の山々がよく見えます。ようやく大峯も山座同定ができるようになりました。

 

大台ケ原 大普賢岳〜山上ケ岳

 

大台ケ原 八経ヶ岳・弥山〜行者還岳

 

頂上の立ち枯れたトウヒが並ぶ正木峠、大台ケ原の草原を風が渡っていきます。

 

大台ケ原

 

大台ケ原

 

シロヤシオのトンネルを期待してきたのですが、少し遅かったようです。

 

正木ケ原、尾鷲辻、牛石ケ原と気持ちよく歩を進めます。

 

蛇の背に跨ったような大蛇瑤らの景色を楽しみ、シオカラ渓に急降下します。

 

大台ケ原

 

大台ケ原

 

大台ケ原

 

少しシロヤシオが残っている道を進み、シオカラ渓で、この日初めての休憩を取ります。

 

大台ケ原

 

大台ケ原

 

あとは、30分ほど急登を喘ぐと、賑やかな声が聞こえてくる駐車場です。

 

7時半に出発して、戻ったのは11時。

 

駐車場は満車。ドライブウェイにも延々と駐車の列が…。

 

あとは、入之波温泉にゆっくりと浸かって帰ります。

 

入之波温泉

 

入之波温泉

【2020.06.13 Saturday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする