能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 穂高の記憶 自粛中です。 | main |
和歌祭りも中止です。

紀州東照宮は、徳川家康の十男である紀州藩祖、頼宣(よりのぶ)により創建されました。

 

紀州東照宮

 

和歌祭とは、毎年5月に行われるその紀州東照宮の大祭の渡御の呼称です。

 

元和8年(1622)に始まり、今年で398年目になる、伝統のある祭りです。

 

今年は「この度の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府より国民に向けてイベントの開催自粛や規模縮小が求められております。これらの状況を鑑み、参加者・観覧者・関係者の皆様のご健康と安心安全を考えまして、517日の和歌祭につきましては、神輿おろし及び渡御行列を取り止め、役員・総代参列のもと神事のみ執り行い、併せてコロナの早期終息を祈願することといたしました。」との手紙が、東照宮から届きました。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

例年、108段の石段を勇壮に駆け下りる、神輿降ろしや渡御行列の写真を撮りに行っているので残念ですが、神事は行うということなので、いつものようにお祝いを持って行っていくことに。

 

いつもは東照宮会館に届けるのですが、今日は閉まっていたので、階段を上って、社務所まで行きました。

 

紀州東照宮

 

和歌祭り

 

紀州東照宮

 

日曜ですが、参拝に訪れる人もほとんどいませんね。

 

紀州東照宮

【2020.05.10 Sunday 14:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする