能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 今日も、自粛中です。 | main | 和歌祭りも中止です。 >>
穂高の記憶 自粛中です。

あちこちの山小屋からも、休止の連絡が来ています。


その上、穂高では群発地震も発生しているようで、西穂山荘からも「今は、山に来ないでください」というメールが届きます。

 

5年前、還暦になって、別に何が変わったということはないのですが、ふと満開の桜などを見ると、この先何度見ることができるだろうと思ったりします。

 

そこで、昔よく行ったところにもう一度行ってみようと、あちこち訪ねています。

 

そして、まず5年前のGWに向かったのが、穂高です。

 

和歌山からは、片道430km。高速で6時間ほどかかります。

 

前泊し、始発のロープウェイで展望台に急ぐ大勢の人を横目に、登山靴の紐を締め直し、ゲーターを着けて、ヘルメットを被り、アイゼンを装着します。

 

最初は、オオシラビソとダケカンバの林間の道です。雪は、4050cmくらい。

 

西穂高岳

 

温かくなってきたので、雪が腐って踏み抜きやすくなるので注意しながら進みます。

 

視界の開けた所から見える山々は、展望台から見る山とは、違って見えます。

 

西穂独標 槍ヶ岳(3180m)北穂高岳(3106m)奥穂高岳(3190m)

 

1時間30分ほどの登りで、森林限界を突破して稜線に出ます。

 

目の前に西穂山荘が現れ、少し休憩です。

 

南には、焼岳から乗鞍岳。上高地を挟んで、霞沢岳。

 

上高地 霞沢岳・乗鞍岳・焼岳

 

東には明神岳から前穂高、有名な釣り尾根を挟んで奥穂高岳に続きます。

 

西穂独標 奥穂高岳(3190m) 前穂高岳(3090m)

 

目の前には、これから進む西穂独標の向こうにピラミッドピーク、西穂高岳が聳えています。

 

西穂独標

 

西の方には、笠が岳や抜戸岳のなだらかな稜線が続いています。

 

360°見渡せる、丸山を過ぎると稜線はがれた岩稜歩きに変わります。

 

西穂独標 前穂高岳(3090m)

 

もう雪はありません。風が強く、崖が急なので、雪も留まっていられないようです。

 

霞沢岳 霞沢岳(2646m)

 

独標に近づくと、道はますます急に。

 

奥穂高岳 奥穂高岳(3190m)

 

忠実に三点支持を守りながら、鎖も使ってよじ登ります。

 

西穂独標

 

西穂独標 標高2701m11峰とペンキで書かれています。

 

西穂独標 笠ヶ岳(2897m)抜戸岳(2813m)

 

この時点で、12時頃。

 

ここから西穂高本峰を往復するには、急峻な岩場を伝って、あと10個のピークを越えていく必要があります。

 

西穂独標 ピラミッドピーク(2750m)西穂高岳(2909m)奥穂高岳(3190m)

 

今の体力だと、3時間ほどはかかるでしょう。

 

独標から西穂山荘を経て、元に帰るには2時間ほど。

 

明るいうちには戻れないだろうと、この日はここから引き返すことに。

 

滑落が起きやすいのは下りなので、特に気を付けながら進みます。

 

山小屋からは、今日、7月14日まで休業するという知らせが届きました。
【2020.05.05 Tuesday 20:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする