能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 護摩壇山と竜神温泉 | main | 甦りの地、熊野への初詣 >>
今年もお世話になりました。

今年も、行事に追われながらも、何とか無事に1年を過ごすことができました。

 

特定非営利活動法人「和歌の浦万葉薪能の会」の事業年度は、11日〜1231日まで。

 

新年からは、一応新しい年度の活動が始まります。

 

まずは5年続けようと言って始めた薪能。 

 

それが、次は10年、そして15年と夢中で続けてきた結果、20年を越えました。

 

これも、偏に応援してくださる会員の皆様、また手伝っていただけるボランティアの皆様のお蔭です。

 

ありがとうございました。

 

始まった頃、小林慶三先生から「30年続ければ一人前」と言われましたが、これからは、その30年に向かって進んでいきたいと思います。

 

今年は、3月7日の「20周年記念事業〜野村萬斎狂言会」で始まりました。

 

野村萬斎

 

野村萬斎狂言会

 

そのあとは、いつものように、高津子山の「桜ウォーク」が331日(日)。

 

桜ウォーク

 

松原先生の「万葉の故地 和歌の浦を写す」が、526日(日)。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

8月からは、5年目の「太鼓のワークショップ」、12年目の「能ワークショップ」が始まりました。

 

太鼓ワークショップ

 

能ワークショップ

 

9月は、薪能本番の準備で大忙し。何回も会議を開きます。

 

10月、いよいよ「第21回和歌の浦万葉薪能」。

 

第21回和歌の浦万葉薪能

 

例年通り、台風の心配をしなければなりませんでしたが、今年も雨は降りませんでした。

 

第21回和歌の浦万葉薪能

 

薪能が終わると、その報告や来年の計画に11月末まではかかります。

 

また、和歌浦の里山、高津子山の整備を始めて18年の「高津子山を桜の山に」では、78月を除いて毎月1回清掃と整備をしています。

 

高津子山を桜の山に

 

こういう1年がまた始まります。

 

来る2020年も、どうぞよろしくお願いいたします。

【2019.12.31 Tuesday 17:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする