能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 御坊市 北吉田蓮の郷 | main | ロータスロード 蓮の道 >>
能楽ワークショップ

特定非営利活動法人「和歌の浦万葉薪能の会」設立の目的は和歌の浦で薪能を上演し、能狂言文化を普及させることです。 

 

そしてその能狂言の普及のため、初期の頃から体験型のワークショップを開催しています。

 

今年も、8月から、能楽ワークショップとして、「太鼓のワークショップ」と「能ワークショップ」を開きます。

 

能楽ワークショップ

 

能楽ワークショップ

 

例年通り、和歌山市伝統文化活性化実行委員会との共催という形になり、募集の窓口等は、和歌山市民会館になります。

 

「太鼓のワークショップ」は、金春流太鼓方の前川光範師。

 

能楽ワークショップ

 

今年で、指導していただいて5年目です。

 

能楽ワークショップ

 

能囃子には、四拍子と言われる、笛、大鼓、小鼓、太鼓という四つの楽器の役があります。

 

そのうち太鼓方は、主として能の後半部分に演奏を行うことが多いようですが、その演奏部分に入ると、他の打楽器をリードする立場に立ち、一曲のリズムを統御します。

 

まだ空きがあるようですから、大人の方も含めて、参加してみたいと考えていらっしゃる方は、和歌山市民会館(073-432-1212)までお問い合わせてください。

 

撥の持ち方から、構え方、左右それぞれの打ち方。

 

わかりやすく教えていただけると思います。

 

これから、5回の練習を重ねて、秋の万葉薪能第1部として、その舞台で発表します。

 

能楽ワークショップ

 

「能ワークショップ」は、観世流シテ方の小林慶三師。

 

能楽ワークショップ

 

こちらは、今年で11年目になります。

 

能の基本所作と謡・仕舞を楽しく稽古し、その仕上げとして『和歌の浦万葉薪能』の舞台で成果発表をしています。

 

能楽ワークショップ

 

能狂言の世界の扉を叩いてみませんか?

【2019.07.15 Monday 15:25】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/644
トラックバック