能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 2019年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集説明会 | main | 能楽ワークショップ >>
第20回和歌の浦万葉薪能

今年の薪能は、20周年ということで、演目にも工夫を凝らし、能は、華やかな「紅葉狩」、狂言は初めての和泉流、野村萬斎・裕基親子の「蝸牛」という組み合わせ。

 

第20回和歌の浦万葉薪能.

 

萬斎師は、今まで「野村萬斎狂言会」として3回招聘していますが、薪能への出演は初めてです。

 

野村萬斎

 

野村萬斎

 

2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出の総合統括責任者に就任したことでまた話題になっているということも重なってか、今年はチケットの売れ行きがよく8月末頃で、前売り券の販売が終了になる恐れがあります。

 

主催者としては有難いのですが、見たくても見られない方が多く出るのは、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

本来、私たちの薪能は、野外で行い、席も自由です。

 

和歌の浦万葉薪能

 

和歌の浦万葉薪能

 

ある意味、いくらでも発行できるのですが、雨の場合に上演するアリーナは、入場者数が決まっています。

 

少しは融通が利きますが、キャパ以上のチケットを販売することはできません。

 

一旦前売り券の販売を中止して、当日晴れれば、当日券として発行することになると思っています。

 

もし、見に来ていただける予定の方で、チケットのご入手がまだの方は、できるだけ早く買っていただいた方がいいと思います。

 

よろしくお願いします。

【2018.08.25 Saturday 02:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 第20回万葉薪能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/570
トラックバック