能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 太鼓のワークショップ 2回目の練習 | main | 紀の川橋本 SUMMER BALL2018 >>
「能ワークショップ」初回の練習

85()今年で11年目になる「能ワークショップ」が始まりました。

 

講師は、ずっと観世流シテ方の小林慶三先生です。

 

小林先生は、今年87才。その上今年の春にアキレス腱を切っています。

 

心配していましたが、大丈夫。お元気です。

 

能ワークショップ

 

去年までのように飛び上がったりはされませんが、今までが元気すぎたようです()

 

今年の申し込みは、24名。5才から68才の方まで。

 

いつもように、それぞれの年齢や技量に合わせて、先生がプログラムを作ってくれます。

 

和歌山市民会館の4階和室をぶち抜いて稽古場にします。

 

能ワークショップ 謡の練習には、譜面の読み方から

 

能ワークショップ

 

その他に、お弟子さんに稽古を任す部屋を2つ用意します。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

まず、先生に見てもらってから、お弟子さんにおさらいをしてもらう人。

 

能ワークショップ

 

まずお弟子さんに、型を教えてもらってから、先生に見てもらう人、それぞれです。

 

能ワークショップ

 

能ワークショップ

 

初めての子どもたちは、扇子の開き方から。

 

能ワークショップ

 

慣れた子どもたちは、すぐに舞い始めます。

 

能ワークショップ

もう何年も参加してくれている子どもたちは、久しぶりに会って、同窓会のようです。

 

これから、あと5回の練習をして、本番の薪能の舞台で発表します。

【2018.08.05 Sunday 23:18】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/565
トラックバック