能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 第1回太鼓のワークショップ | main | 日前宮薪能 >>
第66回港まつり花火大会

ここ2年、用があって見に行けませんでした。それまでは、招待席に案内してもらって、毎年見ていました。

 

今年は、久しぶりに、高津子山から見ることにします。66回目だそうです。

 

駐車場は使用できませんが、展望台や階段のところには、多くの人が並んでいます。

 

私は、この日のために、整備の時に、木を切り払って、見晴らしを良くしておいた場所に、三脚を立てます。

 

一応、役得でしょうか()

 

第66回港まつり花火大会

 

夕焼けの山沿いには、入道雲が沸き上がり、時々稲光が見えています。

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

夜景も一緒に、見下ろす花火もいいものです。

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

プログラムを片手に、どの花火を撮影しようかと考えますが、思いの外、花火が高く上がり、追いかけるのに苦労します。

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

 

第66回港まつり花火大会

花火が終わり、ヘッドライトを点けながら、皆と下ります。

【2018.07.24 Tuesday 20:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/560
トラックバック