能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< ワークショップ、始まります。 | main | 狂言ワークショップ >>
足ノ郷峠のコアジサイ

梅雨ですねぇ。

 

シトシトと雨の降る梅雨の中にも、私たちを楽しませてくれるアジサイ。

 

そんなアジサイの中にも、小さな花をつけるコアジサイ。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

日本固有のアジサイは、ガクアジサイのように中央に小さな花があり、その周りに昆虫を引きつけるために装飾花を持ちます。

 

ガクアジサイ

 

今のアジサイは、ガクアジサイを改良して、すべて装飾花になったもの。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

でもコアジサイには、その装飾花もありません。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

なぜ、コアジサイは装飾することをやめてしまったんでしょう?


飾りがなければ虫も寄ってこないし、圧倒的に不利なはず。

 

足ノ郷峠のコアジサイ
 

でも、コアジサイは、虫を惹きつける別の方法を考えついたんです。

 

皆さんもコアジサイを見つけると、そばによって深呼吸をしてください。

 

甘い香りに驚くと思います。

 

そのコアジサイの群生が見られるのが、奈良県の東吉野村と川上村の村境にある足ノ郷峠。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

林道武木(たきぎ)小川線沿いの山の斜面に500mに亘って咲いています。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

付近一帯がほんのりと甘い香りに包まれます。

 

足ノ郷峠のコアジサイ

 

木立から差し込む日差しに、キラキラと輝いています。

【2018.06.24 Sunday 22:01】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/554
トラックバック