能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 日本芸術文化振興財団個別相談会 | main | 明日は、「万葉の故地 和歌の浦を写す」です。 >>
万葉の故地 和歌の浦を写す

「万葉の故地―和歌の浦を写す」という題で、写真家の松原時夫先生に和歌の浦を案内してもらうセミナーです。

 

今年は、例年より少し遅く、527()の開催です。

 

和歌浦を記録して60年の写真家松原時夫氏に、ファインダー通した、とっておきの和歌浦を案内してもらいます。

 

8年目になります。

 

始まった頃は、和歌浦を記録して50年以上と表記していましたが、数年前から60年に訂正しています。

 

今まで、玉津島神社や奠供山、妹背山、紀州東照宮や和歌浦天満宮、蓬莱岩、高津子山、田野浦から雑賀崎、雑賀崎の集落から灯台、片男波と巡ってきました。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す 片男波での昨年のセミナー風景

 

 

万葉の故地 和歌の浦を写す 高津子山でのセミナー風景

 

今年は、日本遺産和歌の浦の中核、玉津島から妹背山周辺を再度案内してもらいます。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す 玉津島 奠供山でのセミナー風景

 

松原先生に、技術的なこと、構図の取り方、撮影に適した時期など、様々な質問を投げかけながらの楽しいセミナーです。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す 雑賀崎台場でのセミナー風景

 

人柄同様、終始にこやかに、やさしく話す松原先生を囲んで、写真談義が続きます。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す 蓬莱岩でのセミナー風景

 

「自分の見た和歌浦を撮り続けるのがライフワーク。古代からの歴史を持つ、贅沢な場所を大事にしたい。」

 

写真が好きな方はもちろん、和歌の浦が好きな方も参加ください。

 

万葉薪能の会友の会会員の方は無料ですが、その他の方は、参加費500円いただいています。

 

予約は必要ありません。当日来ていただければ結構です。

 

             記

 

和歌の浦万葉薪能の会平成30年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」

 

日時:平成30527日(日)午後130分〜午後330分(予定)

集合場所:玉津島神社

参加費:500円(和歌の浦万葉薪能の会友の会会員は無料)

 

【2018.05.22 Tuesday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/547
トラックバック