能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 彩(いろどり)〜日本遺産〜 | main | 明日の和歌祭りは、中止です。 >>
和歌祭り 2018

紀州東照宮は、紀州藩祖、徳川頼宣(よりのぶ)により創建され、父家康の霊を慰めるための「和歌祭り」が発祥しました。

 

元和8年(1622)に始まり、今年で396年目になる、伝統のある祭りです。

 

和歌祭り

 

かつては、日本三大祭りの一つと言われたほど盛んな祭りでした。

 

今は、かつての姿を取り戻そうと、地域の人々を先頭に頑張っています。

 

神職に続いて、重厚な東照大権現の神輿が、東照宮の108段の石段を勇壮に駆け下ります。

 

和歌祭り

 

それを見ようと大勢の見物人が押し寄せます。

 

そして、その神輿に続いて、様々な行列が和歌浦を練り歩きます。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

かつては、陸上では、紀州の武勇を示すものや紀州人の心意気を表現した行列が、神輿に従い、海上では御関船(おせきふね)を浮かべて、陸海挙げてのお祭りだったようです。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

現在は、御関船がなくなり、陸上での渡御だけになっています。

 

和歌の浦万葉薪能の会として例年通り、お祝いを届けに行ってきました。

 

駐車場に、御所神輿が飾られていました。

 

和歌祭り

 

今年は、513日(日)です。

【2018.05.06 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/544
トラックバック