能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
<< 「わがまち和歌山プラス!」放映 | main | 高津子山を桜の山に 11月の作業 >>
NHK和歌山「あすのWA!」での放送

 10月3日にNHK和歌山の「あすのWA!」で放送された、私たちの会の「能ワークショップ」。

その様子が、NHK和歌山のホームページでアップされましたので、紹介します。

 

2017   10   3   (火) 放送

能の伝統受け継いで

 

毎年秋に和歌山市で開催される「和歌の浦万葉薪能」。
そこで発表する子どもたち向けの「能ワークショップ」が、今年で10年目を迎えました。
発表に向け、稽古に励む子どもたちを取材しました。

日本の伝統芸能「能」。
650年以上前から今に伝わる、世界最古の舞台芸術の一つです。

この「能」に子どもの頃から親しんでもらおうと、「NPO法人 和歌の浦万葉薪能の会」が子ども向けワークショップを開いています。
今年で10
年目を迎え、稽古の成果は毎年秋に行われる「和歌の浦万葉薪能」内で発表しています。

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

参加しているのは、和歌山市在住または出身の4才から17才までの14人。
皆さんが挑戦するのは、「能」の演目の一部で面をつけずに舞う、「仕舞」です。
扇を刀に見立てた舞や、ゆったり優雅な天女の舞など、演目は様々です。

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

稽古を担当しているのは、和歌山市出身で能楽の重要無形文化財保持者、小林慶三さんです。
芸を身につけるために大事なことは、正しい動きを「真似る」ことだと小林さんは話します。
そのため子どもたちは、稽古中じっくりと先生の動きを見ています。
「子どもたちはまだ(能を)経験してませんから、最初から難しいことは教えません。分かりづらそうなら簡単な形に変えていきます。分かるようになったら、また次のことを教えます。」と話す小林さん。
子どもの習熟度に合わせて稽古内容を変えているんです。


この日、今年から兄妹で能に挑戦する津守航太朗くん(7)、優奈ちゃん(4)のお宅を訪ねました。
能が大好きな航太朗くんと、そのお兄ちゃんを見て能を始めたという優奈ちゃん。
毎日欠かさず練習を行うそうです。
二人の母親の舞さんは「少しでいいから毎日練習すれば大丈夫だと小林先生がおっしゃっていたので、子どもたちはそれを守っています。」と話します。

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

航太朗くんが挑戦する『芦刈キリ』(『芦刈』という能の盛り上がり部分を切り取った仕舞)では、足の使い方がうまくできなかったという航太朗くん。
先生の動きを思い出しながら、一つ一つ足の出し方を確認しつつ繰り返し練習していました。

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

NHK和歌山「あすのWA!]

 

他にもこんな工夫をしています。
本来の能の舞い方が書かれた本を、書き写してふりがなをつけたり、舞の型をイラストで描いたりと、お母さんに手伝ってもらいながら自分たちの分かりやすいように作り直したんです。
薪能での発表を前に航太朗くんは、「どきどきするけど、自分を信じてやりたいです。」と話します。

10月8日に行われた薪能を私も見に行きましたが、野外ステージで夕日に照らされ舞う皆さんはとてもかっこよかったです!
当日まで一生懸命練習したからこそ、素敵な発表になったんだと思います。
実は私も大学時代に部活動で能楽をしていましたが、子どものころから「能」に触れる機会があるというのは貴重なことだと思います。

これからも皆さんの活動をきっかけに和歌山で「能」が広がっていけばうれしいですね。

【2017.11.07 Tuesday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 第19回万葉薪能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takiginoh.jugem.jp/trackback/510
トラックバック