能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」

423日(日)平成29年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開きました。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す      万葉の故地 和歌の浦を写す

 

雲一つない晴天の下、35名の方に参加いただきました。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

7年目の今回は、「片男波海岸」。

 

松原先生が、小さい頃から現在まで、ずーと撮影している場所です。

 

波も砂浜も、海草も流れ着くゴミまでも、毎日同じものはないので、飽きることがないそうです。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

今日は、海水浴場を過ぎて、その先の片男波の砂嘴の先端まで歩きます。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す       万葉の故地 和歌の浦を写す

 

皆さん、興味のある物をじっくり撮影しているので、なかなか進みません(笑)

 

万葉の故地 和歌の浦を写す       万葉の故地 和歌の浦を写す

 

浜の宮の海岸が手に取るような近さです。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

参加した方々も、片男波にはよく来るがここまで来たことはないと言っています。

 

先生を囲んでの写真談義がいつまでも続きます。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

今回もJ:COMの記者が同行しました。

 

427日(木)1230分からの「デイリーニュース〜和歌山〜」の中で放送されるようです。

 

また松原先生も参加されている、WPSWakayama Photographers Society)の写真展が525日(木)〜529日(月)10001800 湊通丁南のギャラリー白石で開かれます。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

今年の松原先生のテーマは、「ハンサムな雲」だそうです。

【2017.04.23 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
万葉の故地 和歌の浦を写す

423日(日)今年の第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開催します。

 

和歌浦を記録して60年の写真家松原時夫氏に、ファインダーを通して、とっておきの和歌の浦を案内してもらうセミナー。

 

今回で、7回目です。

 

1回は、妹背山・奠供山・鏡山など、古代からの和歌の浦の中心を巡りました。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

2回は、東照宮から天満宮、蓬莱岩まで。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

3回は、再度、妹背山・玉津島神社(奠供山・鏡山)・東照宮まで。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

4回は、高津子山に登り

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

5回は、田野浦から雑賀崎まで。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

昨年第6回は、雑賀崎の集落を抜けて、台場遺跡や灯台を巡りました。

 

万葉の故地 和歌の浦を写す

 

そして今年は、松原先生が最も好きだという片男波海岸です。

 

目に入るところ、すべてが遊び場だったという松原氏に、子どもの頃に遊んだ場所も案内していただけるかもしれません。

 

「自分の見た和歌浦を撮り続けるのがライフワーク。古代からの歴史を持つ、贅沢な場所を大事にしたい。」

 

そう話す松原氏は、今回は、どんな場所を案内してくれるのでしょうか?楽しみにしていてください。

 

423日(日)午後130分〜3時30分 片男波公園駐車場入り口集合  参加費500円が必要です。 カメラ持参ください。

【2017.04.19 Wednesday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
桜ウォーク、開催しました

42日(日)和歌の浦万葉薪能の会、平成29年度第1回セミナーとして、「桜ウォーク」を開催しました。

 

春の桜が咲く頃にウォークを始めて、15年目。

 

綺麗になった高津子山を楽しんでもらおうと始めました。

 

今日は、肝心の桜はチラホラでしたが、雲一つない晴天で、60名を超える参加者の方に、360°の眺望を楽しんでいただきました。

 

和歌浦天満宮に集合。和歌浦小学校の前を通り、和歌浦口バス停から、潮騒の小径に入ります。

 

桜ウォーク       桜ウォーク

 

所々で、語り部の服部さんのユーモアのあるお話を聴きながら、ゆっくりと登って50分ほどで頂上です。

 

例年なら、ワーッと歓声が上がるほどの桜に迎えられるはずでしたが、桜はまだ。

 

桜ウォーク       桜ウォーク

 

それでもその眺望は、皆さんを納得させるものだった思います。

 

桜ウォーク       桜ウォーク

 

来週来てみようと話している方もたくさんいらっしゃいました。

 

桜ウォーク

 

ウォーク後のぜんざいも今年からなくしましたが、入れ代わり立ち代わり訪れる車の数をみて、例年この人たちが入れなかったと思うと、申し訳ないような気もします。

【2017.04.03 Monday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日は「桜ウォーク」です

今年の春は、なかなか暖かくなりません。桜の開花も遅れています。

 

気になるので、高津子山に行ってきました。

 

桜は、ちらほら咲いていますが、まだまだですね。

 

例年のように一面の桜というわけにはいきません。

 

でも、目を足元に向けていただくと、タンポポやすみれが一面に咲いています。

 

高津子山      雑賀崎台場

 

それにお天気が良ければ、360°の風景が楽しめます。

 

高津子山

 

他の所はどうかと、和歌浦近辺の桜の様子も見てきました。

 

「トンガの鼻自然倶楽部」が整備している雑賀崎台場の桜。

 

雑賀崎台場

 

蕾はふくらんでいますが、咲いているのは数輪。

 

雑賀崎台場

 

そこを下った「ナカヤマの浜」の陽光桜、こちらは満開です。オオシマザクラは3分咲きくらい。

 

ナカヤマの浜       ナカヤマの浜

 

紀三井寺でも、桜はまだ少しです。階段沿いの1本の桜が満開です。

 

紀三井寺     紀三井寺

 

少し足を延ばして、和歌山城では、大手門の枝垂れ桜はほぼ満開。

 

和歌山城

 

ソメイヨシノは、チラホラ。

 

岡公園の紫モクレンは満開です。

 

岡公園      岡公園

 

紀伊風土記の丘、こちらもソメイヨシノは咲きだしていますが、まだまだです。

 

咲いているオオシマザクラの下で、花見の宴が開かれています。

 

紀伊風土記の丘

 

馬酔木は満開でいい匂いが漂ってきます。

 

紀伊風土記の丘      紀伊風土記の丘

 

シキミが咲いていたりミツマタが咲いていたり。

 

紀伊風土記の丘      紀伊風土記の丘

 

白モクレンが満開、シデコブシも満開です。

 

紀伊風土記の丘      紀伊風土記の丘

 

春はもう来ています。

【2017.04.02 Sunday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
狂言ワークショップ 発表会

昨年の116日に始まり、5回の練習を重ねてきた「狂言ワークショップ」。

 

その発表会を、114日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室で開催しました。

 

狂言ワークショップ

 

6人の受講生のうち、男の子1人がインフルエンザのため欠席。

 

一生懸命練習していたのに、可哀想でした。

 

2組が「伊呂波(いろは)」を、1組が「痿痢(しびり)」を演じました。

 

一度リハーサルをしてから本番です。お客さんも少し来てくれています。

 

狂言ワークショップ      狂言ワークショップ

 

狂言ワークショップ      狂言ワークショップ

 

狂言ワークショップ       狂言ワークショップ

 

狂言ワークショップ      狂言ワークショップ

 

狂言ワークショップ

 

少し緊張気味ですが、台詞もしっかり、所作も板についてきました。

 

終わった後、皆で記念撮影です。

 

狂言ワークショップ

 

ご苦労様でした。

 

本年は、また一度だけの「狂言ワークショップ」に戻りますが、よろしくお願いしますね。

【2017.01.15 Sunday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |