能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
五世茂山千作、十四世茂山千五郎襲名記念公演

いつも薪能に出演していただいている茂山千五郎家は、江戸時代初期から400年続く京都在住の狂言師の家です。

 

当主は、代々千五郎と名乗り、千五郎が隠居すると千作と称するようです。

 

今回十三世千五郎が五世千作を、正邦が十四世千五郎を襲名されることになり、その襲名記念公演が、226日(日)和歌山県民文化会館小ホールで行われました。

 

和歌山県民文化会館小ホール

 

演目は、五世千作師と逸平師の「鬼瓦(おにがわら)」、宗彦師と童司師、千三郎師の「口真似(くちまね)」

 

茂山狂言会

 

そして、十四世千五郎師と茂師、七五三師の「木六駄(きろくだ)」です。

 

茂山狂言会

 

和歌の浦万葉薪能の会からは、11人が出席し、お祝いを申し上げました。

 

今年の第19回万葉薪能には、狂言「因幡堂(いなばどう)」に七五三師と松本薫師、能「花月(かげつ)」の間狂言に逸平師の出演を予定しています。

 

狂言 因幡堂

【2017.02.26 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 伝統芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松井彬師にロンドン大学から名誉博士号

昭和34(1959)1月、能のシテ方喜多流宗家・喜多実が喜多能楽堂で自作の能「鶴」を初演しました。

 

和歌の浦を訪ねた都の者が古歌を口ずさむと一人の女性が現れて昔を語り、潮が満ちてくると女は鶴となって大空に飛んで行くという筋書きです。

 

平成8(1996)に日前宮薪能でその「鶴」が奉納されました。シテは、喜多流松井彬師。

 

それから、その「鶴」を、ご当地和歌浦で上演するための準備が始まりました。

 

そして、平成11年(19991011日、第1回「和歌の浦万葉薪能」を開催しました。

 

薪能 鶴      薪能 鶴

 

演目は、もちろん喜多流能「鶴」。シテは、当然松井彬師です。

 

和歌浦湾に夕陽が沈む、片男波海岸の一番美しい刻に、会場を埋めた満員の観客を前にした第1回の感動が、18年経った今も私たちを支えています。

 

その松井彬師が、このたびロンドン大学から名誉博士号を送られました。

 

松井彬

 

おめでとうございます。

 

1970年代から海外に渡り、英語能「かもめ」や「オッペンハイマー」にも出演されています。

 

松井彬 オッペンハイマー

 

海外にいらっしゃることが多く、連絡が取りづらいのは困りますが、これからも益々のご活躍をお祈りします。

【2016.08.24 Wednesday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 伝統芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紀州徳川家版能「石橋」の全編上映
和歌山城内の和歌山歴史館でも公開されている、紀州徳川家版能「石橋(しゃっきょう)」の全編上映が、5月7日(土)私立博物館で行われました。

和歌山市立博物館

和歌の浦万葉薪能の会からは、誘い合わせたわけでもないですが、4人が出席。

学芸員の方からの説明のあと、1時間16分の全編が上映されました。


紀州徳川家版能「石橋」の上映

「石橋」は、室町時代に成立した演目で、獅子が登場して激しく舞うため、舞うのが難しく長い間途絶えていたそうです。

それを2代将軍秀忠が、復活させます。

その兄に対抗するように、紀州藩主徳川頼宜が古い伝承を元に独自に復活。


紀州徳川家版能「石橋」の上映        紀州徳川家版能「石橋」の上映

そこには、幕の内、衣装、置き所、花の寸法まで頼宣が手掛け、舞の所作や囃子にも独自に工夫されているようです。

紀州徳川家では、この演目を秘曲とし、選ばれたもののみに相伝させます。しかし、藩の消滅とともに、受け継がれることなく途絶えていました。


紀州徳川家版能「石橋」の上映        紀州徳川家版能「石橋」の上映

「石橋」は、普段は、獅子が舞い踊る後半部分だけが、半能として演じられることが多いようです。

今回初めて全編を通して観ましたが、前半部分は、やはり少し難しかったですね(笑)


解説をされた学芸員の方は、薪能の会ではお馴染みの橋本忠樹師のお弟子さんのようで、終わった後、そんな話にも花が咲きました
 
【2016.05.08 Sunday 15:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 伝統芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紀州徳川家版能「石橋」の映像の公開
53日(祝)より和歌山城内の「わかやま歴史館」2階歴史展示室にて復曲した、紀州徳川家版能「石橋」の映像が公開されているというので、行ってみました。

わかやま歴史館

またその復曲で使用した資料や紀州藩ゆかりの能資料も展示されています。

紀州徳川家版能「石橋」
 
その復曲で使用した能面「獅子口(ししぐち)」は、当会の役員もされていた久保博山氏の作品でした。

紀州徳川家版能「石橋」

解説と演能のダイジェストも、ロビーで見ることができます。

紀州徳川家版能「石橋」

次の土曜日57日午後130分からの市立博物館での全編の上映会にも行ってみようかと思います。
 
【2016.05.03 Tuesday 21:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 伝統芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紀州徳川家版能「石橋」の復曲
能「石橋(しゃっきょう)」は、獅子口をつけた絢爛豪華な舞が見どころの大曲です。

歌舞伎の「連獅子」の元になった曲です。

紀州徳川家では、初代藩主徳川頼宜(よりのぶ)が、自ら工夫した独自の「石橋」があったそうです。

紀州藩では、これを大切に伝えてきましたが、藩の消滅とともにその姿を消してしまいました。

それを和歌山市と野上記念法政大学能楽研究所が、資料を基に紀州徳川家版「石橋」を復曲しました。

53日(祝)より和歌山城内の「わかやま歴史館2
階歴史展示室にて復曲した、紀州徳川家版能「石橋」の映像が公開されます。

またその復曲で使用した資料や紀州藩ゆかりの能資料も展示します。


チラシ

また映像公開記念イベントとして、57日(土)に、その「石橋」の全編映像を和歌山市立博物館で上演します。

紀州徳川家版「石橋」の上映会

日時:平成2857日(土)午後130分〜330分(午後1時より受付開始)

開場:和歌山市立博物館 2階講義室 先着100名(申し込みは不要) 入館料100円が必要になります。

 
【2016.04.29 Friday 11:25】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 伝統芸能 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |