能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
藤白神社

下津の立神社からの帰途、近いけれど、あまり行っていない藤白神社に(笑)

 

藤白神社

 

五体王子の一つとして、境内を熊野古道が通っています。

 

立派な楠の巨木があります。

 

藤白神社

 

藤白神社

 

有間皇子も祀っています。

 

藤白神社

 

全国の鈴木さんのルーツの鈴木屋敷は、今解体修理中です。

 

藤白神社

 

ご朱印もいただきました。

 

藤白神社

 

【2019.05.06 Monday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本風景写真協会和歌山支部・第11回展示会

「日本風景写真協会和歌山支部・第11回展示会」が、417日(水)〜21日(日)和歌山市民会館展示室で開かれていました。

 

日本風景写真協会

 

会員の方が風景写真を出品しています。

 

日本風景写真協会

 

和歌の浦万葉薪能の会とは、直接関係はないのですが、運営委員で語り部クラブの会員である、服部薫さんが、和歌浦について話をするというので、聞きに行きました。

 

17日にも、「加太軽便鉄道」の話もされたようです。

 

会場には、素敵な写真が展示されています。

 

日本風景写真協会

 

服部さんの話は、11時から1時間くらい。

 

20人くらいの聴衆の前で、いつものように、自作の写真などを使って、軽快に話を進めます。

 

日本風景写真協会

 

日本風景写真協会

 

日本風景写真協会

 

和歌浦や高津子山の話の中に、「万葉薪能の会」のことや「高津子山を桜の山に」事業もさりげなく織り込んで宣伝してくれました。

 

日本風景写真協会

【2019.04.21 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
青い和歌山城

ブルーは癒しや希望を表す色として、世界自閉症啓発デーのシンボルカラーになっているようです。

 

そして、42日は、その世界自閉症啓発デーでした。

 

世界各地で啓発活動やブルーライトアップが行われたようです。

 

和歌山城も一日限定でブルーにライトアップされていました。

 

青い和歌山城

 

青い和歌山城

 

青い和歌山城

 

青い和歌山城

 

開放された市役所14階からも楽しめました。

 

青い和歌山城

【2019.04.04 Thursday 21:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和歌浦天満宮でのご祈祷と万葉館との打ち合わせ

930日(日)今年の「第20回万葉薪能」が無事行われることを祈願して、台風が近付く中、和歌浦天満宮にお参りに行きました。

 

和歌浦天満宮

 

以前は、薪能の始めに「火入れ式」を行い、和歌浦天満宮の小板宮司がその年の薪能に相応しい祝詞を考え、奏上してくれていました。

 

和歌浦天満宮

 

能ワークショップの出演者が増えたこともあり、そのような火入れ式は、5年前に終了しましたが、安全祈願のご祈祷は引き続いてしていただいています。

 

これで今年も無事に行われそうです。

そのあと、会場を借りる和歌公園との打ち合わせに万葉館を訪れました。

 

万葉館

 

もう20回目ですので、担当の方との確認が主な仕事です。

 

担当してくれる島さんとは13年目の付き合いです()

 

例年通りの確認と、今年になって変わったことの報告などが主な主題です。

 

万葉館

 

以心伝心でわかるのですが、それでもきちんと会って話しておくことが大事ですね。

 

海水浴場の状況も見に行きます。

 

片男波海岸

 

今日も、これから台風が襲来するようです。

 

いつもは静かな片男波に大きな波が押し寄せています。

 

片男波海岸

 

台風21号の片づけも済まないうちですが、無事に通過してくれますように。

 

来週の薪能が無事に開催できますように。

【2018.09.30 Sunday 16:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名月に舞う

中秋の名月をめでながら、舞や踊りを観賞する「名月に舞う」が、929日(土)午後5時半から、和歌山県立近代美術館・博物館前庭(和歌山市吹上)で開催されます。

 

名月に舞う

 

和歌山文化協会が主催します。

 

今年で23回目だそうです。

 

会員の方が、日本舞踊や詩舞、能の仕舞などを披露します。

 

前庭の水面に月が写る幻想的な雰囲気の中で伝統的な舞踊を楽しんでみませんか。

 

私たちが日頃お世話になっている、小林先生や松井先生のお弟子さんで、当会の役員や会員の方も舞います。

 

名月に舞う

 

天気予報がよくないので、少し心配です。

【2018.09.27 Thursday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |