能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
スターライトイリュージョン2019〜25thアニバーサリー〜

113日は、25年前に、和歌山マリーナシティが開業した日らしいです。

 

まだ就学前の娘を連れて、よく行きましたね。

 

その25周年を記念して、花火を打ち上げるという連絡がきました。

 

さて、どこから見ようかということで、熊野古道の「御所の芝」から見ることに。

 

今までは、夕陽を撮影するために何回か訪れましたが、花火を見るのは初めてです。

 

「雨の森」と同じ感じかなぁと思いながら、狭い夜道を辿ります。

 

地蔵峰寺の前に車を停めて、ヘッデンを付けて、真っ暗な夜道を少しで展望台に出ます。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

花火のついでに夜景も撮影します。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナシティでは、今「フェスタ・ルーチェ」というイルミネーションイベントが開かれていますが、遠くからでも明るく見えています。

 

マリーナの花火

 

ちなみに御所の芝へ車で向かう途中では、イノシシやアライグマとすれ違いました()

【2019.11.04 Monday 13:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ダキシメルオモイ展

無数の親が繋いできた親が子を抱きしめる“オモイ”

 

その姿を描いていきたいと「ダキシメルオモイプロジェクト」を立ち上げ活躍する小林憲明さんの「ダキシメルオモイ展」が1123日海南市立黒江小学校の体育館で開かれていました。

 

ダキシメルオモイ

 

麻布に油絵具で描かれたダキシメルオモイ70点あまり展示されています。

 

ダキシメルオモイ

 

子どもを抱きしめられる時期は限られています。

 

ダキシメルオモイ

 

れは、子育ての一番大変で、一番充実している時期に重なります。

 

ダキシメルオモイ

 

私たちも、私たちの親も、そのまた親も、抱きしめられて育ってきました。

 

ダキシメルオモイ

 

抱きしめられた子どもたちも、よく見るとしっかりと親を抱きしめています。

 

ダキシメルオモイ

 

最近の耳にする事件では、そのリレーが現代において危機に瀕していると強く感じますね。

 

会場にいらっしゃった小林さんに伺ったところ、1000家族の“オモイ”を描くことを目標にしておられるそうです。

 

現在のところ、300家族の取材完了、160家族完成。

 

この展覧会は、全国を巡っています。

 

この海南での展覧会は、今日で終わりますが、どこかでこの展覧会の出会ったときは、必ず見に行ってください。

 

その“オモイ”に圧倒されそうになります。

【2019.11.03 Sunday 14:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
マリーナシティの花火と和歌浦ライトアップ

和歌山市のマリーナシティでは、スターライトイルージョンという名の花火大会が行われています。

 

以前は、毎週末に上がっていたと思いますが、今はゴールデンウィークと夏の間の日曜だけです。

 

9月にも2日開かれているので、行ってみます。

 

ただ8月と同じ8時開始だと思い、高津子山から見るつもりで登っていると、途中で花火の上がる音が…。

 

試し打ちではなさそうなので、急いで、バッグを下ろし、三脚を立て、カメラを据えます。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

その間にも数発の花火は上がっています。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

何せ10分間なので、構図も考えず、ただ急いで一応撮影をします()

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

帰りに、名勝和歌の浦の中心地、不老橋と妹背山の観海閣・海禅院多宝塔が、ライトアップされているのに気づきました。

 

不老橋

 

不老橋
 

明るいときはよく通りますが、まだ見ていなかったので、この機会に撮影してみました。

 

妹背山

 

妹背山

 

一旦片づけた三脚を取り出すのが面倒だったので、手持ちですが、何とか撮れました()

【2019.09.16 Monday 11:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名月に舞う

和歌山文化協会が主催する、第24回「名月に舞う」が、近代美術館前庭で開かれました。

 

名月に舞う

 

近代美術館は、黒川紀章設計のなかなか綺麗な建物です。

 

名月に舞う

 

今年の「名月に舞う」では、和歌の浦万葉薪能の会役員の川端さんが、仕舞「鶴」を舞います。

 

この能は、万葉薪能の会発足の主因となった能です。

 

また、元会長代行の久保先生が地謡を務めます。

 

太鼓のワークショップの片づけを終えてから、駆けつけました。

 

光に映える水上舞台の上で、献華から始まり、来賓の挨拶のあと、日本舞踊、仕舞、詩舞が披露されます。

 

名月に舞う

 

名月に舞う

 

名月に舞う

 

名月に舞う

 

名月に舞う

 

名月に舞う

 

十六夜の月が出ればもっとよかったかと思いますが、残念ながら今日も雲の中です。

 

名月に舞う

【2019.09.14 Saturday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
藤白神社

下津の立神社からの帰途、近いけれど、あまり行っていない藤白神社に(笑)

 

藤白神社

 

五体王子の一つとして、境内を熊野古道が通っています。

 

立派な楠の巨木があります。

 

藤白神社

 

藤白神社

 

有間皇子も祀っています。

 

藤白神社

 

全国の鈴木さんのルーツの鈴木屋敷は、今解体修理中です。

 

藤白神社

 

ご朱印もいただきました。

 

藤白神社

 

【2019.05.06 Monday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |