能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
第3回 橋の日記念イベント

「橋の日」は、「私たちの生活と文化に、密接なかかわりを持つ川や橋に感謝し、橋や河川とのふれあいの日に」ということで、宮崎県の「橋の日実行委員会」が1986年に制定したようです。

 

以来、全国で橋に感謝するイベントが行われています。

 

宮崎県では、今年31回目です。

 

和歌山県では、一昨年、名勝和歌の浦クリーンアップ隊が中心になって、47都道府県中45番目に実施されました。

 

橋の日

 

今年も、84日(金)620分より和歌浦の不老橋に集合して、ラジオ体操や清掃を行います。

 

清々しい朝に、夏休み中の子どもたちも誘って出かけてみてください。

【2017.08.03 Thursday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
WPS写真展

薪能やセミナーでお世話になっている、写真家の松原時夫先生は、WPS(Wakayama Photographers Society  )に加入しています。

 

そのWPSが、湊通丁南のギャラリー白石で、写真展を開催しています。

 

WPS写真展

 

2017525日(木)〜529日(月)まで。

 

27日の土曜日に覗きに行ってみました(笑)

 

多くの人が、次々と訪れています。

 

WPS写真展

 

会場には、6人の写真家のそれぞれの特徴のある写真が並んでいます。

 

松原先生は、「雲のポートライト」。毎日空を見上げては、写真を撮っているそうです。

 

昨年は、砂浜その前は石。次は海草でも。素材はいくらでもあるようです。

【2017.05.28 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和歌山よくする法案

ニュース和歌山に、「和歌山よくする法案」というコラム欄があります。

 

読者が提案した法案に関し、賛成や反対とその理由を掲載しています。

 

527日(土)の「和歌山よくする法案」に、当会会長の松本敬子の「小・中学生に能楽鑑賞」という提案が掲載されています。

 

和歌山よくする法案

 

本文中にもあるように、「能楽ワークショップ」に参加してくれる子どもたちは楽しそうです。

 

万葉薪能       万葉薪能

 

毎年参加してくれる子どもたちも多いですね。

 

万葉薪能

 

それに能は少し難しく感じるかもしれませんが、狂言では、子どもたちも大きな声で笑っています。

 

小さい頃から、触れていくことが能狂言の一層の普及には大切だと思います。

【2017.05.28 Sunday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゴールデンウィークの和歌山城

今日もいいお天気でしたね。

 

遠くへ行く予定がなかったので、お城に出かけました。

 

まず空堀から、新緑の和歌山城を見ながら、ツツジの間を散策し、奥の藤の花の様子も確認します。

 

和歌山城        和歌山城

 

大手門の大ケヤキも元気そうです。

 

和歌山城

 

一周しながら、紅葉渓庭園へ。

 

鳶魚閣にキハナショウブが映えています。

 

和歌山城

 

青紅葉を眺めていると、遊覧船がやってきます。

 

和歌山城       和歌山城

 

今日なんか、いいお天気だから気持ちいいでしょうね。

 

新緑の表坂を皆さん、楽しそうに上がって行きます。

 

和歌山城

 

天守閣では、忍者が活躍しています。

 

和歌山城

 

西の丸では、恒例の子どもなかよしまつりが始まっています。

 

和歌山城

 

ゴールデンウィーク、あと少しですね。楽しみましょう。

【2017.05.05 Friday 17:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雑賀崎と高津子山

寒い日が続いていますね。

 

あちこちの申請書類や、総会に向けての会計報告も一段落したので、少し和歌の浦に気晴らしに(笑)

 

今年の第19回薪能のプログラムの裏表紙の写真のロケハンも兼ねています。

 

ちなみに18回の裏表紙は、名草山からみた和歌の浦でした。

 

 

今年は、雑賀崎にしようかと思っています。

 

雑賀崎     雑賀崎

 

雑賀崎

 

帰りに高津子山へ。

 

駐車場の入り口へは、水仙が案内してくれます。

 

高津子山

 

冬枯れの高津子山ですが、三々五々、皆さんが訪れてくれています。

 

頂上へやってくると、見慣れた後ろ姿が…。

 

高津子山

 

今日は、「高津子山を桜の山に」の作業日ではないのですが、整備にきてくれています。

 

こういう人がいるお蔭で、高津子山も綺麗に保てています。

 

高津子山

 

一昨年に植えた河津桜の蕾も膨らんできています。

 

高津子山

【2017.01.29 Sunday 16:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |