能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
彩(いろどり)〜日本遺産〜

201712月より日本遺産を彩りをテーマに紹介するミニ番組「彩(いろどり)〜日本遺産〜」BS-TBS)が始まりました。


ナレーターは女優の上白石萌音さん。放映は、毎週水曜よる954分からです。

 

彩(いろどり)〜日本遺産〜

 

日本中のふるさとを彩る懐かしい色「やまといろ」。


唐紅(からくれない)若菜色(わかないろ)黄朽葉(きくちば)…


古くより日常の中にある多彩な色は500以上あるといわれます。


日本にある語り継ぐべき貴重な歴史「日本遺産」のストーリーに彩りを添えて


4K撮影の美しい映像で紹介します。

 

 

次回52日の放送は、#21「“わかやま”のはじまり…絶景和歌の浦」です。

 

彩(いろどり)〜日本遺産〜

 

豊臣秀吉がその情景に感動し、城を和歌山城と名付けるきっかけとなった景勝地・和歌の浦。

 

一時も同じ景色のない干潟を歌人や貴族が和歌に残した。

 

夕暮れ時、和歌の浦を一望できる海で、山吹色(やまぶきいろ)を見つけた。

 

52()午後954分〜10時 BS-TBS で放映されます。

【2018.04.28 Saturday 15:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和合の松2世の植樹

ニュース和歌山で報じられたように、421()午前10時から、鹽竈神社にて、「和合の松」の2世の植樹が行われました。

 

和合の松2世

 

「和合の松」は、その根が夫婦和合の姿を表し、子授かりや安産を祈るものでした。

 

和合の松

 

20126月に「和合の松」は突然倒れました。

 

そして、すぐにその再生が図られました。

 

「和合の松」の枝から、県林業試験場が、後継樹を作りました。

 

和合の松2世

 

松ぼっくりから再生すると、そのDNAは半分受け継がれます。

 

しかし枝から再生すると100%受け継がれます。

 

そして、その夫婦和合の姿を表すという根の中に、新しい根を伸ばしていくようにと企てています。

 

高津子山でお世話になっている樹木医の岡谷さんがアドバイスしてくれます。

 

鹽竈神社で神事を執り行い、関係者で鍬入れをして、無事に成長してくれるように祈りました。

 

和合の松2世

 

和合の松2世

 

100年後の「和合の松」が楽しみです。

 

わかやま新報にも、その記事が載っています。

 

和合の松2世

【2018.04.22 Sunday 23:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本風景写真協会 和歌山支部展

「日本風景写真協会和歌山支部・第10回展示会」が、418日(水)〜22日(日)午前9時〜午後5時、和歌山市民会館展示室で開かれています。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

 

会員の方、20人が風景写真を出品しています。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

 

和歌の浦万葉薪能の会とは、直接関係はないのですが、運営委員で語り部クラブの会員である、服部薫さんが、高津子山について話をするというので、少し仕事を抜けて出かけました。

 

素敵な写真が展示されています。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

 

服部さんの話は、11時から30分くらい。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

 

いつものように、軽快なお話です。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

 

和歌浦や高津子山の話の中に、「万葉薪能の会」のことや「高津子山を桜の山に」事業もさりげなく織り込んで宣伝してくれました。

 

日本風景写真協会和歌山支部展

【2018.04.19 Thursday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
わかやまNPOセンター法人化15周年記念レセプション

薪能の会の総会が行われていた頃、正会員になっている「わかやまNPOセンター」の15周年記念のシンポジュームが行われていました。

 

シンポジュームには出席できなかったため、午後6時からのレセプションに出席しました。

 

わかやまNPOセンター

 

出席者130名ほど。

 

初代理事長の堀内先生や2代目理事長の豊田君など、また同級生も何人か出席していて、楽しい時間を過ごしました。

 

堀内先生や豊田君は、ビデオでの挨拶です。

 

わかやまNPOセンター

 

わかやまNPOセンター

 

平原理事長のあと、県知事や市長の代理の方、国会議員の挨拶が済んで、ようやく乾杯()

 

わかやまNPOセンター

 

立食のテーブルの合間を縫って挨拶をして回るのは苦手なので、もっぱら食べる方に()

 

途中で、一麦会のポズック楽団の演奏を挟みながら、2時間弱のパーティでした。

 

わかやまNPOセンター

 

薪能の総会は欠席した岸本周平衆院議員もかけつけました()

 

わかやまNPOセンター

【2018.02.26 Monday 23:45】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雪の和歌山県最高峰

私が知っている和歌山県最高峰は、護摩壇山(1,372m)でした。

 

それが2000年に、隣のNHK電波塔のある場所が10m高いことが分かったようです。

 

判明してからも名前がなく、2008年の公募により、翌年に「龍神岳」と名付けられました。

 

最強寒波に襲われた昨週、様子を見に行ってきました。

 

護摩壇山へ向かう高野竜神スカイラインは、通行止めが解除されたばかりで真っ白です。

 

高野竜神スカイライン

 

道端には大きなツララが伸びています。

 

高野大滝

 

こんな.山道は久しぶり、少し緊張します。

 

辿りついた「ごまさんスカイタワー」の駐車場には、四駆の車が並んでいます。

 

ただ護摩壇山に向かう人はほとんどいません(笑)

 

護摩壇山

 

アイゼンを付けて向かいますが、あまり歩かれていない雪なので、スノーシューの方がよかったですね。

 

護摩壇山

 

護摩壇山から龍神岳まで尾根道を辿ります。

 

ツボ足で進みますが、油断すると太ももまで潜ってしまいます。

 

護摩壇山

 

振り返ると、海が輝いています。

 

龍神岳

 

小さな雪庇もできていますし、シュカブラも出来ていました。

 

しっかりと冬山です(笑)

 

 

龍神岳

 

 

龍神岳

 

和歌山県最高峰龍神岳(1,382m)からは、周囲の山々が良く見えています。

 

 

龍神岳

 

 

護摩壇山

 

 

【2018.01.21 Sunday 15:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |