能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
第67回港まつり花火大会

港まつりは、港の安全を祈願し、港に対する関心を持ってもらうため、毎年和歌山港で開催されています。

 

第67回港まつり花火大会

 

今年は、67回目。7月28日(日)に開かれました。

 

4年ぶりに、会場から見上げます。

 

第67回港まつり花火大会

 

8時開始ですが、7時過ぎに会場に着くように出かけます。

 

例年通り、浴衣姿のカップルや家族連れなど、多くの人が向かっています。

 

屋台もたくさん出ています。

 

場所を確保して、三脚を据えて、その上にカメラを付けて調整します。

 

港まつりは、開始前から、多くの試し打ちをするので、その間に画角などの調整もできて、便利です。

 

近いのでズームの18个任眸射台まで入れると画面いっぱいになりますね。

 

第67回港まつり花火大会

 

この日は、少し風もあり、花火には絶好の天候です。

 

第67回港まつり花火大会

 

近くで見る花火は、音や振動が体に響いて、迫力満点です。

 

第67回港まつり花火大会

 

それが、小さい子どもたちには怖いようで、泣き声も響きます(笑)

 

スターマインの連発や海上花火に歓声や拍手が湧き上がります。

 

第67回港まつり花火大会

 

第67回港まつり花火大会

 

スターマインの連発や、花火がいくつか重なる時など、シャッターを開くとき、閉じるときの見極めが難しいですね。

 

今年も、思うようにはいきません。

 

千輪が好きなのですが、その上に明るい花火が重なると、飛んでしまいます。

 

第67回港まつり花火大会

 

第67回港まつり花火大会

 

いつもは少し離れたところから、静かに見ていますが、賑やかな花火見物もいいですね(笑)

 

第67回港まつり花火大会

【2019.07.30 Tuesday 20:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
397年目 紀州東照宮 和歌祭り

今日512日は、紀州東照宮の例大祭「和歌祭り」でした。

 

昨年は雨のため中止になりましたが、今年は好すぎるくらいの天候でしたね。

 

祭りが始まる前、境内でお練りの練習をします。

 

今年は、初めて参加する人も多いようで、その人たちを集めての注意にも力が入ります。

 

和歌祭り

 

全員で息を合わせなければ危険です。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

そのあと安全祈願の神事を行い、鏡割りのあと、いよいよ神輿下ろしが始まります。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

397年目だそうです。


1115分、神職に続いて、神輿が108段の石段を威勢よく下ってきます。

 

和歌祭り

 

石段の途中でも、右に左に神輿を揺らします。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

詰めかけた人たちから歓声が上がる中、無事に石段を下りきりました。

 

和歌祭り

 

和歌祭り

 

12時からは、渡御行列。

 

40年以上、百面に出場している同級生もいます。

 

和歌祭り

【2019.05.12 Sunday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年の和歌祭りは、5月12日です。

今年の紀州東照宮の例大祭「和歌祭り」は、512日(日)です。

 

和歌祭り

 

 紀州東照宮は、徳川家康の十男である紀州藩祖、頼宣(よりのぶ)により創建されました。

 

元和8年(1622)に始まり、今年で397年目になる、伝統のある祭りです。

 

かつては、日本三大祭りの一つと言われたほど盛んな祭りでした。

 

今は、かつての姿を取り戻そうと、地域の人々を先頭に頑張っています。

 

神職に続いて、重厚な神輿が108段の石段を威勢よく下っていきます。

 

それを見ようと大勢の見物人が押し寄せます。

 

そして12時頃より、その神輿に続いて、様々な行列が練り歩きます。

 

和歌の浦をぐるっと一周して、終わるのは、午後4時頃になります。

 

例年通り、お祝いを届けに行ってきました。

 

これも例年通り、御下がりをいただいてきました。

 

和歌祭り

 

お札は可愛くなっていました(笑)

 

和歌祭り

 

お神酒は、「400年式年大祭奉献酒」となっています。

 

和歌祭り

 

撒撰として、勝喜梅の梅干しと、京都の長久堂というところの砂糖菓子です。

 

和歌祭り

 

花面(はなおもて)という能狂言の面を模ったお菓子でした。

 

和歌祭り

 

昨年は、雨で中止になりましたが、今年はお天気は好さそうです。

 

【2019.05.11 Saturday 15:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スターライトイリュージョン〜25thアニバーサリ−〜

今年のGWのマリーナシティの花火は、429日から55日まで、毎日開催していました(笑)

 

スターライトイリュージョン〜25thアニバーサリ−〜として、毎日違った演出の花火が上がりました。

 

42951日は、丸玉屋。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

523日は、地元の紀州煙火。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

そして545日の花火の担当は、山崎煙火製造所。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火


ここは、世界花火師競技大会で何度も優勝しているところです。

 

マリーナの花火

 

430日には、玉津島神社前の鏡山から。

 

マリーナの花火

 

52日には、海南市の森林公園雨の森から。

 

マリーナの花火

 

そして、54日は浜の宮ビーチ。

 

マリーナの花火

 

55日は片男波からと山崎煙火だけ2回(笑)

 

それぞれ特色もあって、楽しいですね。

 

丸玉屋さんも紀州煙火さんも綺麗でしたが、さすが、山崎煙火さんの花火は、すごかったと思います。

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

マリーナの花火

 

 

【2019.05.08 Wednesday 21:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紀の川橋本 SUMMER BALL2018

橋本市の新しい夏まつりとして定着した、「紀の川橋本 SUMMER BALL

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

2018年で6回目を迎えるこのイベントに、太鼓のワークショップのあと、出かけてきました。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

尺玉も含めて6000発という、紀北地域最大級の花火が紀の川上空に打ち上がります。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

和歌山市の港まつりが、3000発なので、打ち上げ数で言えば倍になります。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

賑やかな会場は避けて、少し高台からカメラを構えます。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

30分間、ほとんど休みなく打ち上がって行きます。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

 

最後のフィナーレも大迫力、紀の川上空に打ち上げられる花火を堪能しました。

 

紀の川橋本SUMMER BALL2018

【2018.08.08 Wednesday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| まつり | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |