能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
野村萬斎狂言会

37()の「和歌の浦万葉薪能の会20周年記念事業〜野村萬斎狂言会」のチケット、発売中です。

 

先行販売は終了しましたが、まだまだ良い席が残っています。

 

チケットは「和歌山県民文化会館」または「ローソンチケット」「チケットぴあ」で販売しています。

 

和歌山県民文化会館は窓口のみで、郵送での受け付けは行っていないようなので、遠方の方は「ローソンチケット」や「チケットぴあ」でのご購入をお考え下さい。

 

和歌山県民文化会館 073-436-1331

 

ローソンチケット Lコード-51570  筺0570-084-005 

 

チケットぴあ   Pコード-490631  0570-02-9999               

 

今回の演目「首引(くびひき)」は、上演回数の少ない演目のようで、当会の中でも見た人はおりません。

 

野村萬斎狂言会


そのためより一層楽しみにしています。

 

前回披露していただいた「小傘(こがらかさ)」も私たちにとって、初めての演目でした。

 

野村萬斎狂言会

 

「首引」も「小傘」も演者の多い演目です。

 

伝統芸能に接する機会の少ない和歌山で上演していただけるのは、本当に嬉しいことです。

 

今回は、昨秋の「万葉薪能」に引き続き、裕基さんとの親子共演になります。

 

野村萬斎狂言会

 

それも楽しみです。

 

また、昨秋は時間の関係もあり、慌ただしく来和し、慌ただしく帰和されましたが、今回は少し時間もあり、お話を聞いたりできるのも、「中の人」としては楽しみにしています。

 

野村萬斎狂言会

【2019.01.21 Monday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 野村萬斎狂言会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野村萬斎狂言会 一般販売開始

今日1222日より、来年37日開催の.「和歌の浦万葉薪能の会20周年記念〜野村萬斎狂言会」のチケットの一般販売が始まります。

 

野村萬斎狂言会

 

友の会会員の方やスポンサーの方々への先行販売は、概ね好評で推移しました。

 

これからは、和歌山県民文化会館やローソンチケット、チケットぴあでの販売となります。

 

まだまだ良い席も残っていますので、よろしくお願いします。

 

和歌山市では、3年ぶり、4回目の「野村萬斎狂言会」です。

 

野村萬斎

 

心豊かな和楽の世界を堪能してください。

 

江戸前の颯爽とした狂言を楽しんでいただけると思います。

 

今回は「佐渡狐(さどきつね)」と「首引(くびひき)」です。

 

野村萬斎狂言会

 

「首引」は、私も初めて観る演目ですが、今年の「和歌の浦万葉薪能」での「蝸牛」でも共演した、萬斎さんと息子の裕基さんの競演がまた楽しみです。

 

野村裕基

 

萬斎さんは、「首引」では面を被りますが、解説では素顔のままです。

 

             記

 

日時:平成3137日 午後6時開場 午後630分開演

 

場所:.和歌山県民文化会館大ホール

 

演目:和泉流狂言「佐渡狐(さどきつね)」「首引(くびひき)

 

出演:野村萬斎 野村裕基 深田博治 高野和憲 他

 

チケット販売所

 和歌山県民文化会館 073-436-1331

 ローソンチケット 0570-084-005 Lコード 51570

 チケットぴあ 0570-02-9999  Pコード 490631

 

                          以上

【2018.12.22 Saturday 11:27】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 野村萬斎狂言会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野村萬斎狂言会

薪能の報告も一段落ついて、これから「野村萬斎狂言会」の準備にかかります。

 

野村萬斎狂言会

 

野村萬斎狂言会

 

私たち、和歌の浦万葉薪能の会の10周年記念として、和歌山市内では初めての「野村萬斎狂言会」を開いたのが、平成21521日(木)。

 

演目は、「船渡婿(ふなわたしむこ)」と「蝸牛(かぎゅう)」でした。

 

野村萬斎狂言会

 

野村萬斎狂言会

 

2回目は、15周年記念としての、平成25628日(金)の公演。

 

演目は、「萩大名(はぎだいみょう)」と「棒縛(ぼうしばり)」。

 

野村萬斎狂言会

 

どちらも満員の観客の方に、江戸前の颯爽とした狂言を楽しんでいただきました。

 

3回目は、和歌山県民文化会館と共催という形での開催でした。

 

平成2832日(水)、演目は「附子(ぶす)」と「小傘(こがらかさ)」。

 

野村萬斎狂言会

 

野村萬斎狂言会

 

そして今回は、先月の「第20回万葉薪能」に続いての4回目の「野村萬斎狂言会」となります。

 

友の会会員の方々、いつもご協力いただくスポンサーの方々には、1115日から先行販売をしています。

 

一般の方には、1222日から、県民文化会館やローソンチケット、チケットぴあで販売します。

 

どうぞご期待ください。

 

「野村萬斎狂言会」

 

日時:平成3137日(木)午後6時開場 午後630分開演

 

 場所:和歌山県民文化会館大ホール  

 

 全席座席指定    1階席 一般5,500円 小・中・高生2,700

          2階席 一般4,000円 小・中・高生2,000円 

 

 演目:解説   野村萬斎

 

    佐渡狐(さどぎつね)  中村修一・内藤連他

 

    首引(くびひき)    野村萬斎・野村裕基他

 

 申し訳ありませんが、未就学児の入場はお断りします。

【2018.11.18 Sunday 21:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 野村萬斎狂言会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野村萬斎狂言会
野村萬斎狂言会、無事に終了しました。

和歌山市では、3年ぶり、3回目の萬斎狂言会。

今回も、大勢の方に入場していただきました。

いつものように、萬斎さんの解説から始まります。

野村萬斎狂言会  

あの低いけれど、張りのある、清々しい声が、大ホールに響きます。

本当にいい声だと思います。

この日の「小傘(こがらかさ)」は、珍しい演目なので、丁寧に解説してくれました。

続いて最初の狂言は「附子(ぶす)」。石田さんが、太郎冠者を務めます。

野村萬斎狂言会  

観客の皆さんも大笑いです。

休憩のあと、いよいよ萬斎さんの「小傘」です。

私たちも初めて見る演目です。

にわか坊主の萬斎さんが、田舎者を欺くため、傘の小歌をお経のように唱えます。

野村萬斎狂言会 

次第に念仏は高揚し、会場全体が、法悦に浸っているようです。

野村萬斎狂言会 

鮮やかな余韻を残し、萬斎さんは、舞台から走り去ります。

またまた素晴らしい舞台を見せていただきました。

次はまた数年後にと、舞台上で約束してくれた萬斎師。

また招聘できるように、日頃の活動もしっかりとやって行きたいと思わせてくれた公演でした。
 
【2016.03.07 Monday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 野村萬斎狂言会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
野村萬斎狂言会 無事に開催できました。
JUGEMテーマ:伝統芸能
野村萬斎狂言会、無事に開催できました。

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

詳しくは、またこのブログや会報でもお知らせします。

今回は、とりあえず開演までの様子をお伝えします。

午後2時40分 関空着 ANA991便

野村萬斎狂言会

これに萬斎師一行は搭乗しています。

関空まで出迎えます。

野村萬斎狂言会

マイクロバスで阪和道を走って、午後3時50分 無事に県文に到着。

休む間もなく舞台の確認。

野村萬斎狂言会

そのあとは、狂言「小傘(こがらかさ)」の場当たりが始まります。

野村萬斎狂言会

厳しい場当たりのあと、萬斎師たちは少し早い夕食を。

こちらも、打合せを済ませ、いつものように幟を立て、看板も準備完了。

野村萬斎狂言会     野村萬斎狂言会

午後6時開場です。

野村萬斎狂言会

並んでくれていた人皆さんが入場されます。

会場も徐々に埋まって行きます。

野村萬斎狂言会

6時25分 予鈴が鳴って、皆さん着席します。

もうすく開演、萬斎師の登場を待っています。


 
【2016.03.03 Thursday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 野村萬斎狂言会 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |