能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
秋の六甲山

秋の六甲山に行ってきました。

 

全山縦走もしたいところですが、今回はまず六甲山最高峰913.3mに。

 

秋の六甲山

 

秋の六甲山

 

土曜日は、いいお天気だったので、明石海峡大橋から神戸市街も一望です。

 

秋の六甲山

 

穂高湖にも寄ります。

 

秋の六甲山

 

六甲山牧場の羊も気持ちよさそうです。

 

秋の六甲山

 

摩耶山の掬星台からの眺望を楽しんで、神戸市立森林植物園に。

 

秋の六甲山

 

入り口のメタセコイア並木も紅葉しています。

 

神戸市立森林植物園

 

園内のもみじ谷も真っ赤になっています。

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園

 

何種類かのもみじも全て真っ赤、その中にいるとこちらの体も真っ赤になりそうでした。

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園

【2017.11.28 Tuesday 01:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋の根来寺

今年の薪能の報告も、来年の申請も何とか終わったので、また紅葉を見に行くことに。

 

岩出の根来寺に。

 

根来寺

 

根来寺は、真義真言宗総本山、一乗山伝法院根来寺。

 

開祖は覚鑁(かくばん)。

 

1125日に、かくばん祭りが行われるようで、あちこちに幟が出ています。

 

根来寺

 

まず、大門から。大門から延びる参道も紅葉しています。

 

根来寺

 

駐車場の脇、紅葉谷が名前の通り綺麗です。

 

根来寺

 

遊歩道を辿りますが、まだここももう少し経った方がより綺麗になりそうです。

 

根来寺

 

国宝の大塔から大師堂・.大伝法堂を回って、庭園を眺めてゆっくりします。

 

根来寺

 

根来寺

 

根来寺

 

根来寺

 

根来寺

 

そのあと根来寺の前山、愛宕山にある五百仏山(いよぶさん)ハイキングコースを少し歩きます。

 

根来寺

 

根来寺

 

根来寺

 

根来寺に.入山料を払ったとき、移築された旧県会議事堂の入場券も貰ったので、帰りに寄りました。

 

旧県会議場

【2017.11.24 Friday 02:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋の和歌山城

秋も深まってきました。冬のような寒い日が続いていますね。

 

今日は、少し晴れ間も出たりしていたので、和歌山城に秋を探しに行きました。

 

秋の和歌山城

 

和歌山城の廻り方は、いつも決まっています。

 

この時期の和歌山城では、岡口門の近くにバイクを停めて、まず空堀の大銀杏を見に行きます。

 

秋の和歌山城

 

岡口門から入って大欅を見ながら大手門に抜けて、一の橋を渡り、お堀端を西の丸へ。

 

秋の和歌山城

 

紅葉渓庭園を見てから、山吹渓を通り、二の丸をぐるっと廻って、裏坂から天守閣に登ります。

 

秋の和歌山城

 

本丸御殿跡から見る天守が一番美しいと思いますが、今は工事中で寄れません。

 

あとは天守から新裏坂に下りるか、表坂に下りるかです。

 

今日は、天守から新裏坂を下り、護国神社に回って砂の丸から鶴の渓を通って1周して岡口門から出ます。

 

空堀の大銀杏は、まだ少し緑色が残っています。

 

秋の和歌山城

 

大欅も元気です。

 

秋の和歌山城

 

紅葉渓も綺麗ですが、もう少しした方がより綺麗でしょうか?

 

秋の和歌山城

 

西の丸の芝生では、来年5月の和歌山城再建60周年記念の薪能を開催する予定です。

 

秋の和歌山城

 

二の丸には、県立図書館や少年野球場があったのを覚えているのは、60才以上でしょうか?

 

ここの銀杏は綺麗に黄葉しています。

 

秋の和歌山城

【2017.11.19 Sunday 23:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和歌の浦が日本遺産に認定されました

「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。

 

日本遺産(Japan Heritage)とは文化庁によると、「地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。」となっています。

 

平成29年度は、79件の申請のうち17件が認定されました。

 

そして和歌の浦も認定されました。

 

和歌の浦干潟    

 

妹背山

 

高津子山

 

≪絶景の宝庫 和歌の浦≫

(ストーリーの概要)

潮が引けば干潟が現れ刻一刻と輝きながら変化し,潮が満ちれば一面の海となり,陽光をうけて古い石橋が影を落とす。入り江を取り巻く山の桜が寺社を彩り,潮入りの庭園を新緑が包み,紅葉の峠越しにみる入り江は碧く,風景にとけこんだ町並みに色鮮やかな祭礼行列が練り歩く。ここ和歌の浦の情景は一時として同じではない。このまま持ち帰りたいと万葉歌人は和歌にうたい,和歌の神様がこの地に宿った。そして数多くの文化芸術を育んできた歴史の厚みを湛え,和歌の浦は今も人々を魅了している。

 

和歌祭り        和歌祭り

【2017.04.29 Saturday 14:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花の吉野山

私たちが整備している高津子山は、かつて「新吉野」と呼ばれていました。

 

昔から桜と言えば吉野山です。

 

吉野山に桜が多いのは、桜が蔵王権現の神木とされ、蔵王権現に祈願する際には、神木とされる桜の苗を寄進するのが最善の供養となる風習が起こり、平安時代の頃から多くの桜が植えられるようになったからだそうです。

 

今では、20030,000本の桜が尾根から尾根、谷から谷へと埋め尽くしています。

 

吉野山

 

人出が多いので今まで敬遠していましたが、先週混雑を覚悟して出かけてみました。

 

下の千本は、青葉が出てきています。中の千本と上の千本は、今が盛りでした。

 

吉野山

 

花の様子を見ながら、金峯山寺、吉水神社、吉野水分神社、金峯神社と主だった神社仏閣は抑えながら、登って行きます。

 

金峯山寺 金峯山寺 蔵王堂 

 

 

吉野水分神社 吉野水分神社

 

奥の千本はまだ蕾です。

 

ここからゆっくりと下ります。

 

上の千本までは車道を下り、上の千本からは如意輪寺への山道を選び、桜の中を下りていきます。

 

吉野山      吉野山

 

如意輪寺 如意輪寺     吉野山

 

やはりこれだけ群生している桜は綺麗です。

 

吉野山      吉野山

 

中の千本から周遊道路に戻ると、人が凄く多くなってきます。

 

和歌山では、街中でもこんなに多くの人とすれ違い、渋滞することはありません(笑)

 

人は多かったですが、初めての吉野山の桜は、やはり綺麗でした。

 

吉野山

【2017.04.22 Saturday 16:59】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |