能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
和歌の浦が日本遺産に認定されました

「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。

 

日本遺産(Japan Heritage)とは文化庁によると、「地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」に認定するとともに,ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内外に戦略的に発信することにより,地域の活性化を図る。」となっています。

 

平成29年度は、79件の申請のうち17件が認定されました。

 

そして和歌の浦も認定されました。

 

和歌の浦干潟    

 

妹背山

 

高津子山

 

≪絶景の宝庫 和歌の浦≫

(ストーリーの概要)

潮が引けば干潟が現れ刻一刻と輝きながら変化し,潮が満ちれば一面の海となり,陽光をうけて古い石橋が影を落とす。入り江を取り巻く山の桜が寺社を彩り,潮入りの庭園を新緑が包み,紅葉の峠越しにみる入り江は碧く,風景にとけこんだ町並みに色鮮やかな祭礼行列が練り歩く。ここ和歌の浦の情景は一時として同じではない。このまま持ち帰りたいと万葉歌人は和歌にうたい,和歌の神様がこの地に宿った。そして数多くの文化芸術を育んできた歴史の厚みを湛え,和歌の浦は今も人々を魅了している。

 

和歌祭り        和歌祭り

【2017.04.29 Saturday 14:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
花の吉野山

私たちが整備している高津子山は、かつて「新吉野」と呼ばれていました。

 

昔から桜と言えば吉野山です。

 

吉野山に桜が多いのは、桜が蔵王権現の神木とされ、蔵王権現に祈願する際には、神木とされる桜の苗を寄進するのが最善の供養となる風習が起こり、平安時代の頃から多くの桜が植えられるようになったからだそうです。

 

今では、20030,000本の桜が尾根から尾根、谷から谷へと埋め尽くしています。

 

吉野山

 

人出が多いので今まで敬遠していましたが、先週混雑を覚悟して出かけてみました。

 

下の千本は、青葉が出てきています。中の千本と上の千本は、今が盛りでした。

 

吉野山

 

花の様子を見ながら、金峯山寺、吉水神社、吉野水分神社、金峯神社と主だった神社仏閣は抑えながら、登って行きます。

 

金峯山寺 金峯山寺 蔵王堂 

 

 

吉野水分神社 吉野水分神社

 

奥の千本はまだ蕾です。

 

ここからゆっくりと下ります。

 

上の千本までは車道を下り、上の千本からは如意輪寺への山道を選び、桜の中を下りていきます。

 

吉野山      吉野山

 

如意輪寺 如意輪寺     吉野山

 

やはりこれだけ群生している桜は綺麗です。

 

吉野山      吉野山

 

中の千本から周遊道路に戻ると、人が凄く多くなってきます。

 

和歌山では、街中でもこんなに多くの人とすれ違い、渋滞することはありません(笑)

 

人は多かったですが、初めての吉野山の桜は、やはり綺麗でした。

 

吉野山

【2017.04.22 Saturday 16:59】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
岬めぐり ウォーキング

「トンガの鼻自然クラブ」主催の「岬めぐりウォーキング」に参加しました。

 

例年は「夕日を見る会」を開催していますが、今年はウォーキングです。

 

雑賀崎灯台

 

参加者は50名以上。雑賀崎灯台を出発して、まずトンガの鼻の台場遺跡に向かいます。

 

雑賀崎台場

 

講師の方の説明を聞きながら、周囲の風景も楽しみます。

 

雑賀崎台場       雑賀崎台場

 

そのあとは、潮騒の小径を通って、波早ビーチへ。

 

波早ビーチ       浪早崎

 

そこから、浪早崎に登って、雑賀崎に下ります。

 

雑賀崎

 

独特な風景の集落の中を抜けて、衣美須神社に寄って、雑賀崎灯台に戻ります。

 

衣美須神社

 

曇り空で、夕日は見られませんでしたが、2時過ぎから5時頃まで、皆さんと話しながら、ゆっくりと歩いて、楽しい3時間でした。

 

「トンガの鼻自然クラブ」の皆さん、ありがとうございました。

【2017.03.22 Wednesday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
初春の和歌の浦

今年の高津子山での桜の植樹は、5本を予定しています。

 

お知らせしたように、12日の日曜日に3本を植樹しました。

 

18日の土曜日、残りの2本を植樹したという報告をもらったので、見に行ってきました。

 

高津子山          高津子山

 

私たちが何も言わなくても、作業が進むので、有難いことです。

 

帰りに玉津島神社に寄ると、多田道夫先生の魁桜が満開になっています。

 

玉津島神社 魁桜

 

鏡山、奠供山、妹背山に登り、それぞれの干潟の春の風景も楽しみました。

 

鏡山よりの風景

 

鏡山      妹背山

 

奠供山よりの風景

 

奠供山より

 

妹背山よりの風景

 

妹背山      妹背山

 

和歌の浦干潟      妹背山

 

いずれも、すぐに登れる山ですので、その景色を楽しみに来てくださいね。

【2017.03.20 Monday 12:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名草山

梅が終わって桜はまだという時期、ちょっと時間ができたので名草山に登りました。

 

名草山の登山口は、9ヵ所ほどあるようですが、今回は、三葛の正行寺から登って、頂上を越えて、内原神社に降りるコースにします。

 

正行寺

 

正行寺の脇から、墓地の中を登って行きます。

 

ほどなく尾根道に出ます。

 

名草山

 

所々開ける景色を楽しみながら、足元の花を愛でながら、ゆっくり歩いていくと頂上に導かれます。

 

名草山より和歌の浦       名草山

 

名草山       名草山

 

和歌浦方面がよく見えます。奈良時代には玉津島山と言われ、妹背山、鏡山、奠供山、雲蓋山、妙見山、船頭山の五つの島々が浮かんでいたそうです。

 

名草山より和歌の浦

 

かつて紀ノ川は、紀伊平野に入ると南下し、今の和歌川のように和歌浦に流れていました。

 

奈良から来た貴族たちは、和歌浦で初めて海を目にします。

 

そしてその感動が、和歌浦を特別な地域として尊ぶということになります。

 

そういうことを思いながらゆっくりします。

 

名草山より和歌の浦

 

桜がたくさんあるので、これから楽しみですが、私たちは高津子山での「桜ウォーク」があるので、見られませんね(笑)

 

名草山からマリーナシティ

 

南に内原の方に下ります。マリーナシティを目指して下って行きます。

 

内原神社でゴールです。

 

内原神社

【2017.03.19 Sunday 22:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |