能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
古座川の紅葉

三尾川の大銀杏を見に行った時、せっかく遠くまで来たので、古座川の紅葉も訪ねました。

 

まず有名な古座川の一枚岩。高さ100m・幅500m、国の天然記念物です。

 

古座川の紅葉

 

その大きさは、近くからはカメラに全体が写りません。

 

古座川の紅葉

 

透明度抜群な古座川に紅葉とともにその姿が映っています。

 

古座川の紅葉


ここは、ジオパークとして選定されている、古座川弧状岩脈に当たり、「虫喰岩」「ぼたん岩」「天柱岩」などと古座川峡を作っています。

 

その古座川弧状岩脈の一つ、滝ノ拝にも寄ります。

 

古座川の紅葉

 

岩に大小さまざまな穴があり、勢いよく滝が流れています。

 

古座川の紅葉


不思議な風景です。

 

古座川の紅葉

 

滝ノ拝から一段と狭くなった山道を進んで行くと、田川にある瀧川寺(りょうせんじ)の地蔵紅葉が現れます。

 

古座川の紅葉

 

高さ10m、幹回り2.9m、樹齢200年の紅葉。古座川町の天然記念物です。

 

古座川の紅葉

 

行った時は、まだ真っ赤ではありませんでしたが、緑も混じった紅葉もなかなか綺麗でした。

 

何気ない山道の紅葉も綺麗でした。

【2019.12.14 Saturday 17:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和歌山の大銀杏

和歌山には、豊かな森が多く、大きな木があちこちにあります。

 

森の奥深く入らなくても、銀杏のように遠くから目立つ木もあります。

 

その大きな銀杏の木を探して、和歌山市外へ出かけてみました。

 

まず、有名な中辺路福定の大銀杏。

 

福定の大銀杏

 

今の季節、国道311号線を走っていると、遠くからでも一際目を引きます。

 

福定の大銀杏

 

宝泉寺というお寺の庭にある、樹齢400年、幹の周囲5.3m、高さ22mの大銀杏です。

 

福定の大銀杏

 

 

光泉寺の子授け銀杏。

 

三尾川の銀杏

 

古座川町三尾川(みとがわ)の光泉寺にある、樹齢400年、幹回り6m、高さ30mの県下最大の大銀杏です。

 

三尾川の銀杏

 

枝から、無数のこぶが垂れ下がり、それが乳房を思わせることから子授けイチョウと呼ばれているそうです。

 

三尾川の銀杏

 

ちょうど住職もおられたので話を伺うと、MBSの取材が来て、「ちちんぷいぷい」と「ミント」で放送されるそうです。綺麗な女の人が来たと嬉しそうにおっしゃってました()

 

 

丹生酒殿神社の大銀杏

 

酒殿神社の銀杏

 

この時期24号線を走っていると、どうしても目に入ってくる銀杏があります。

 

酒殿神社の銀杏

 

幹周5.26m 樹高25m。境内も含めて、綺麗に黄金色になっています。

 

酒殿神社の銀杏

 

 

加茂神社の銀杏

 

和泉葛城山の南山麓の紀の川市(旧粉河町)西川原集落に、鎮守の森をバックに、そのイチョウはあります。

 

加茂神社の銀杏

 

こちらは、すでに散りかけています。

 

加茂神社の銀杏

 

幹周/5. 45m、樹高/30m、樹齢/800年。

 

 

 

【2019.12.11 Wednesday 21:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紅葉の和歌山城

今日は少し時間が空いたので、和歌山城へ。

 

いつも近くは通りますが、しっかりと訪れるのは、桜と紅葉の季節くらいでしょうか?

 

いつものように、岡口門の脇にバイクを停めます。

 

空堀を一周し、大井町の様子を見て、岡口門から城内に。

 

和歌山城

 

和歌山城

 

ゆっくり歩いて、大ケヤキを見ながら、一旦、一の橋から城外に抜けます。

 

和歌山城

 

お堀に沿って、お城を左に見ながらケヤキ通りを西へ。

 

和歌山城

 

友人の岸さんの遊覧船が進んできます。

 

和歌山城

 

和歌山放送のラジオまつりが開かれていた西の丸広場から、紅葉渓に入り、庭園を見学。

 

和歌山城

 

以前よりはかなり少なくなったと思いますが、それでも中国語が飛び交っています。

 

和歌山城

 

お橋廊下を渡って、山吹渓から、もう一度紅葉渓の様子を見て、

 

和歌山城

 

よさこい踊りが開かれていた二の丸広場のそばの裏坂から天守閣に

 

和歌山城

今は、取り壊されていますが、目の前の伏虎中学校出身なので、お城は庭のようなものです。

 

ここからは、表坂で下りるか、新裏坂で下りるかですが、今日は表坂で()

 

和歌山城

 

子どもが小さい頃は動物園にも寄りましたが、今は素通りします。

 

岡口門から城外に出て、目の前の岡公園に。

 

岡公園

 

名物の滑り台は、私の小学校の頃にできたと思うので、もう50年以上です()

 

和歌山城

 

天妃山に上り、お城を眺めて一服します。

【2019.11.23 Saturday 21:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
丹生都比売神社

高野山からの帰途、天野の丹生都比売神社に寄ります。

 

丹生都比売神社

 

修理の終わった太鼓橋を渡り、境内に入ります。

 

丹生都比売神社

 

綺麗な社に紅葉が映えています。

 

丹生都比売神社

 

丹生都比売神社

 

丹生都比売神社

 

いつもの通り、石造の卒塔婆などをゆっくりと見て回ります。

 

丹生都比売神社

 

落ち着いた、いい神社です。

 

丹生都比売神社

【2019.11.23 Saturday 12:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
紅葉の高野山へ

高野山へ,紅葉の季節は、どうしても混雑するので、夜明け前に出発します。

 

遊びに行く時の早起きは苦になりませんね()

 

京奈和道をかつらぎ西ICで下りて、天野から高野山へ。

 

7時前にまだ車も少ない金剛峯寺前の駐車場に車を入れます。

 

紅葉の高野山

 

まずは、まだ人の少ない蛇腹道から壇上伽藍に向かいます。

 

紅葉の高野山

 

紅葉が朝日に輝いています。

 

紅葉の高野山

 

蛇腹道を往復して、まだ日が当たっていない金剛峯寺を抜けて、天徳院へ入ります。

 

次は、奥の院、中の橋の駐車場へ。ここもまだ疎らです。

 

参道を御廟に向けて辿ります。

 

奥の院は、杉の木が多く、紅葉はあまり見られませんが、英霊殿の近くは、綺麗に紅葉しています。

 

紅葉の高野山

 

そのまま奥に進んで、いつも見ている御供所の一本紅葉を見たかったのですが、残念なことに、まだ門が閉まっています。

 

紅葉の高野山

 

御廟では、一人のお坊さんが読経しています…

 

邪魔をしないように、後ろを静かに通ります。

 

仏教の聖地らしい静謐な環境です。

 

奥の院を、今度は一の橋の方に戻ります。

 

大きな大名家の墓が並んでいます。

 

紀州藩初代頼宜の苔むした立派な墓所もあります。

 

紅葉の高野山

 

車に戻り、また金剛峯寺前の駐車場に入れて(まだ満車ではありません)、付近をゆっくりと歩きます。

 

綺麗な紅葉が目に入ると寺内に入れてもらいます。

 

紅葉の高野山

 

西門院、シャクナゲで有名な金剛三昧院などを見学します。

 

紅葉の高野山

 

次は、女人堂の方に車を廻して、徳川家霊台、西室院、蓮華定院付近を散策します。

 

紅葉の高野山

 

紅葉の高野山

 

最後は高野山へ入ってすぐに目につく西南院の紅葉を見て、大門を眺めます。

 

紅葉の高野山

 

紅葉の高野山

 

山内はよく歩きました。歩数計で、22,000歩です。

【2019.11.21 Thursday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |