能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
高津子山を桜の山に 4月の作業

次の日曜日、412日は、「高津子山を桜の山に」の4月の作業日です。

 

高津子山を桜の山に

 

このような時期でも、関係なく草木は伸びていきます。

 

「桜ウォーク」のために整備した道なども、すぐに草木に覆われていきます。

 

高津子山を桜の山に

 

そのため、作業は実施しますが、体調には十分気を付けて、無理をしないようにお願いします。

 

高津子山を桜の山に

 

桜が終わった高津子山は、これからツツジの季節に入ります。

 

高津子山を桜の山に

【2020.04.09 Thursday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 高津子山を桜の山に | comments(0) | - | - | - |
「桜ウォーク」開催しました。

今年は、桜の開花は早かったのですが、桜ウォークを待ってくれていたのか、今日が満開です。

 

高津子山 桜ウォーク

 

コロナの影響もあり、広報も少し控えていたので、集まってくれるのか心配でしたが、スタッフを含めて、20名で実施しました。

 

集合場所の和歌浦天満宮も、前の御手洗池公園も満開です。

 

和歌浦天満宮 桜ウォーク

 

いつものように、服部さんの案内で、和歌公園入口から山に入ります。

 

少し気温が低く、風もありますが、歩いていると汗ばんできます。

 

なだらかですが、ずーっと登りが続くので、日頃の運動不足が身に染みてきます()

 

高津子山 桜ウォーク

 

途中で2回ほど話を聞きながら、小一時間で頂上へ。

 

高津子山 桜ウォーク

 

満開です。

 

高津子山 桜ウォーク

 

みなさん、思い思いのところから、360°の風景を楽しんでくれています。

 

高津子山 桜ウォーク

 

名草山越しの龍門山や高野山、

 

高津子山 桜ウォーク

 

桜越しの雑賀崎の集落。

 

高津子山 桜ウォーク

 

淡路島も指呼の間です。

 

服部さんの和歌浦の歴史の話を聞いて、下山します。

 

高津子山 桜ウォーク

 

遠くから来てくれた方も、もうすぐ91才になるという方も、元気に歩いてくれました。

 

高津子山 桜ウォーク

 

来年は、コロナの心配もなく、例年通り100名近くの人が参加してくれて、開きたいですね。


帰りに、湊方面から見た高津子山です。

 

高津子山 桜ウォーク

【2020.04.05 Sunday 18:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 高津子山を桜の山に | comments(0) | - | - | - |
明日は、高津子山の「桜ウォーク」です。

45日(日)午後130分より、恒例の「桜ウォーク」を開きます。

 

桜ウォーク

 

これが、「和歌の浦万葉薪能の会」の令和2年度第1回セミナーとなります。

 

午後130分、和歌浦天満宮集合です。

 

当会運営委員で語り部もされている服部薫氏の案内で、和歌公園登り口から高津子山に登ります。

 

高津子山には、2000本を超える桜の木があります。

 

桜ウォーク

 

それが、ロープウェイが廃止され、回転展望台が撤去されてから、荒れるに任せていました。

 

その山をなんとかしようと立ち上がったのが、19年ほど前。

 

桜の木を11本、調査して地図に記録していったのが始まりでした。

 

高津子山には、山桜が多く、大島桜もが、。勿論ソメイヨシノもたくさんあります。

 

桜ウォーク

 

あちこちの桜の開花情報にも、紀三井寺や和歌山城と並んで、高津子山も掲載されるようにまでなってきました。

 

今では、たくさんの方も散策に訪れる里山に戻ったようです。

 

ボランティアの皆さんと整備した高津子山を楽しんでください。

 

申込も参加費も不要です。集合時間に集合場所に来ていただければ結構です。

 

このような時期ですが、注意をしながら、楽しく実施したいと思います。

【2020.04.04 Saturday 22:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 高津子山を桜の山に | comments(0) | - | - | - |
奈良の桜を楽しんできました。

桜が咲く時期になると、何か落ち着きません。

 

今年は、桜の開花は早かったのですが、関東以外は、それから中々進んでいないようです。

 

毎日開花状況と天気予報を交互に確認しています。

 

まぁ、45日に「桜ウォーク」を開く私たちとしては、ありがたいのですが

 

そんな29日の日曜日、奈良では満開間近というところが何か所かありましたので、和歌山と奈良に外出自粛要請が出ていない今のうちに行ってきました。

 

まず、橿原市の藤原京跡。

 

藤原宮跡

 

菜の花と桜のコラボが楽しめるというので、例年駐車場にも入れない混雑が起きています。

 

今年は、まだ少し早かったのと昨日は寒かったせい、それとコロナの影響でしょうか、駐車場にも空きがありますし、人出も少ないですね。

 

桜は、7分咲きくらいでしょうか、菜の花もまだ開いていない花が多い状態です。

 

藤原宮跡

 

それでも黄色とピンクが綺麗です。

 

背景が青空ならもっといいのですが、こればかりは仕方ありません。

 

藤原宮跡

 

結婚式の前撮りのような方もいらっしゃいました。

 

藤原宮跡

 

花の御寺、長谷寺へ。

 

以前は、ボタンの時期や紅葉時に訪ねていましたが、最近は桜の時期に行くことが多くなりました。

 

長谷寺

 

さすが、吉野と並び、千年来の桜の名所です。

 

長谷寺

 

今年も、ちょうど満開、あちこち桜で溢れています。

 

長谷寺

 

人はたくさん出ていますが、例年と比べるとやはり少ないようですね。

 

この日は、ゆっくり出発したのですが、お寺の駐車場に停めることがことができました。

 

寺内を一周します。

 

長谷寺

 

本堂も五重塔も桜に埋もれています。

 

長谷寺

 

長谷寺

 

あちこちに大きなしだれ桜もあり、見事です。

 

長谷寺

 

長谷寺の後、壷阪寺の桜大仏を見に行くか、下北山スポーツ公園の桜並木を見に行くか、悩みましたが、とりあえず奈良で一番早いということで、少し遠いですが、下北山スポーツ公園に行くことに。

 

169号線を走っていると、次第に池郷川沿いに花を付けた桜の木が目立ってきます。

 

最後に風景が開けてくると、谷間が満開の桜に包まれています。

 

下北山スポーツ公園

 

桃の花ではないですが、桃源郷のようです。

 

下北山スポーツ公園

 

ず〜っと下っていると、その満開の桜の中を進みます。

 

下北山スポーツ公園

 

池原ダムの下流に、キャンプ場や宿泊施設、温泉施設、ゴルフ場やテニス場、グラウンドなどがありますが、すべて桜に包まれています。

 

下北山スポーツ公園

 

下北山スポーツ公園

 

一番きれいな頃ですが、やはり人出は少ないですね。

 

下北山スポーツ公園

【2020.03.30 Monday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | - | - | - |
紀三井寺の桜の様子

連日の桜の調査です()

 

昨日の帰り、家を通り越して、紀三井寺へ。

 

紀三井寺

 

和歌山の開花の標準木があります。

 

紀三井寺

 

22日に開花宣言が出されていますが、まだそれほど咲いていません。

 

いつも早く咲きだす、太子堂脇の桜は満開ですが、他はまだまだ蕾です。

 

紀三井寺

 

高津子山で、いつも一緒に活動している人が、「蕾の様子を見ると、言われているほど、そんなに早くないと思うよ。」と言っていましたが、和歌山はそんな感じでしょうか?

 

紀三井寺

 

参道脇のシャクナゲは咲いていたので、やはり暖かいのでしょうが…。

 

紀三井寺

 

職場近くの大門川も、1本が咲いているのみ、まだ蕾がほとんどです。

 

街中もそんなに咲いていません。

 

45()に「桜ウォーク」を予定している会としては、その方がいいですが…。

 

高津子山

 

和歌浦湾から吹き上げる心地良い潮風と、木々の匂いが薫る高津子山は、標高136.6mの和歌浦の里山です。

 

高津子山


低いながら眺望は360°

 

北は和歌山市街から和泉山脈、東は名草山の向こうに龍門山や高野の山並み、藤白峠の彼方に果無山脈が続き、南を見れば延々と海岸線が延びています。

 

高津子山

 

そして西には、淡路島や四国も指呼の間に望まれます。


かつては桜の名所として「新吉野」と呼ばれ、大勢の人が花見に訪れていました。

 

高津子山

 

その桜の名所を復活させようと整備を始めたのが、20年前になります。


そして綺麗になった高津子山を皆さんで楽しんでもらおうと始めたのが「桜ウォーク」です。

 

高津子山
 

その「桜ウォーク」を、今年は45()に開催します。


和歌浦天満宮に集合して、和歌公園入口から高津子山を周遊します。ゆっくり歩いても1時間くらいなので、小さいお子さんでも十分に登れます。


ここにロープウェイが架かっていて、頂上には回転展望台ああったのを懐かしく思い出す方も奮ってご参加ください。

 

 

【2020.03.27 Friday 20:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 自然 | comments(0) | - | - | - |