能・狂言、セミナーやワークショップなどのブログです。
「太鼓のセミナー」開催します。

能囃子方には、笛、大鼓、小鼓、太鼓という四楽器の役があります。

 

太鼓のセミナー

 

そのうち太鼓方は、主として能の後半部分に演奏を行うことが多いようですが、その演奏部分に入ると、

 

他の打楽器をリードする立場に立ち、一曲のリズムを統御します。

 

昨年までは、「太鼓のワークショップ」として5回の練習を重ね、秋の和歌の浦万葉薪能の舞台で発表するという形式をとっていました。

 

太鼓のセミナー

 

今年は、コロナ禍のため、薪能は延期になったので「太鼓のワークショップ」も中止になりました。

 

それでも能楽には触れていただきたいと、1回だけですが、「太鼓のセミナー」として開催することにしました。

 

講師は5年間指導していただいている金春流太鼓方前川光範師です。

 

太鼓のセミナー

 

能楽の太鼓のお話や基本所作の体験を行います。

 

太鼓のセミナー

 

リビング和歌山やニュース和歌山のイベント欄でも紹介してもらっています。

 

太鼓のセミナー

 

太鼓のセミナー

 

感染対策はしていますので、マスク着用で参加ください。

【2020.11.25 Wednesday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | - | - | - |
「万葉の故地・和歌の浦を写す」開催しました。

1115()午後1時から「万葉の故地・和歌の浦を写す」を開きました。

 

和歌の浦を撮影して60年以上、写真家の松原時夫氏 に案内してもらう、とっておきの和歌の浦。

 

いつも人気のセミナーですが、今回も36名の方が参加してくれました。

 

いいお天気で、集合場所の玉津島神社は、季節柄七五三で賑わっています。

 

少し早く行って、鏡山に登って干潟を眺めたり、不老橋を撮影したり。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

コロナのせいもあり、人が来てくれるのかという不安もありましたが、すぐにそういう不安はなくなりました。

 

大きなカメラからスマホまで、いろんなカメラを持った人が続々と。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

ピンホールカメラを持って、いつも参加してくれる方から、初めての方まで。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

スタッフを含めると40名以上の団体になります。

 

この日は、いつもは見ない角度からの干潟を観察したあと、ぐるっと干潟の周りを辿ります。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

最初は干潮で、干潟も姿を現していましたが、歩いているうちに潮が満ちてきて、終わる頃には干潟は海の中へ。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

そんなダイナミックな風景も楽しめます。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

歩きながら、松原先生を囲んでの写真談義が始まります。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

それぞれ気に入った場所で撮影をしたりしているので、列はどうしても長くなります。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

最初の予定では、片男波の砂洲の先まで行くようになっていましたが、片男波の海岸についたところで2時間が経っていたので、今日はここまで()

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

先生もおっしゃっていたように、この日はロケハンのつもりで、あとは自分で時間や場所を決めてまた撮影に来てください。

 

この日参加された方と、また片男波で出会うかもしれませんね。

 

今年も楽しいセミナーでした。

【2020.11.17 Tuesday 00:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | - | - | - |
万葉薪能セミナー「万葉の故地・和歌の浦を写す」

次の日曜日1115日は、例年は春に行っていた「万葉の故地・和歌の浦を写す」を開催します。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

和歌浦を記録して60年以上の写真家松原時夫氏にファインダーを通して、とっておきの和歌浦を案内してもらうセミナー、今年で10回目です。


普段とはまた違った視点で眺める和歌の浦。新しい発見がいっぱいです。

 

和歌の浦を写す

 

今回は、玉津島神社に集合、日本遺産〜絶景の宝庫和歌の浦〜の核心部分、玉津島神社から和歌の浦干潟を訪ね、片男波海岸から砂州の先端まで辿ります。

 

思い思いの場所で、写真を撮り、松原先生を囲んでの写真談義が続く、楽しいセミナーです。

 

リビング和歌山やニュース和歌山にも取り上げてもらっています。

 

万葉の故地・和歌の浦を写す
 

万葉の故地・和歌の浦を写す

 

参加費は、500円ですが、奮ってご参加ください。

 

日時:令和21115()午後1時〜330
集合:玉津島神社

参加費:500

【2020.11.12 Thursday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| セミナー&ワークショップ | comments(0) | - | - | - |
今日は、「高津子山を桜の山に」の作業日でした。

118()は、「高津子山を桜の山に」の作業日です。

 

新しく来てくれた方も含めて、今回は、30名の参加です。

 

高津子山を桜の山に

 

いつものように、体操から始まります。

 

高津子山を桜の山に

 

能ワークショップに参加してくれている方も、揃って手伝いに来てれました。

 

高津子山を桜の山に

 

また、いつも高津子山を散策しているという方も、飛び入りで参加してくれました。

 

頂上の南側斜面を綺麗にします。

 

高津子山を桜の山に

 

この日は、作業をしていると汗ばんでくるような陽気です。

 

高津子山を桜の山に

 

10月は、頂上の北側斜面を整備しました。

 

コロナ禍と夏のため、5月〜8月まで休止していましたが、すっかり綺麗になりました。

 

高津子山を桜の山に

 

少し早いですが、初日の出を見に来ていただいても、すでに大丈夫です。

 

高津子山を桜の山に

 

春に植樹した木も、すくすく育っています。

 

高津子山を桜の山に

 

予定より大勢の方が来てくれたので、飲み物や紙コップが足らなくなりそうだったので、買い出しに行かないといけないくらい、嬉しい悲鳴でした。

 

高津子山を桜の山に

 

【2020.11.08 Sunday 17:30】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 高津子山を桜の山に | comments(0) | - | - | - |
「高津子山を桜の山に」11月の作業 

私たち「和歌の浦万葉薪能の会」の主たる事業は、今年は延期になりましたが、毎年10月に開催している「和歌の浦万葉薪能」であり、それに付随する能狂言のセミナーやワークショップを開催する「能文化に関する教育普及事業」です。


そして私たちの活動のもう一つの柱が、「高津子山を桜の山に」を始めとする「和歌浦に関する教育普及と景観の保全事業」になります。

 

その「高津子山を桜の山に」の作業日が、次の日曜日118日です。

 

高津子山を桜の山に

 

いつも通り、午前930分、高津子山駐車場入り口の白水園に集合です。

 

簡単な昼食を挟んで、午後3時までの予定です。

 

高津子山を桜の山に

 

今まで、作業してくれていた方が高齢になったりして、作業してくれるボランティアの方が不足しています。

 

午前のみ、午後のみ、また都合がつく時間だけの参加でも結構です。

 

よろしくお願いします。

 

高津子山を桜の山に

 

傍らにいつも海を眺めながらの作業、気持ちいいですよ。

 

高津子山を桜の山に

【2020.11.04 Wednesday 23:00】 author : 和歌の浦万葉薪能の会
| 高津子山を桜の山に | comments(0) | - | - | - |